わたしはお金が好きです。理由は色々ですが、それはまたの機会に。今回は「お金」と付き合う方法で、いつも心がけている2つの原則を紹介します。これらは以前、ある教会のクリスチャンのデイブ・ラムジーファイナンシャルクラスを受けた時に学んで、今も大切にしている原則です。

1)ゲンコツの法則

拳の絵

 

自分の手でこぶしを作って「これは私のお金!」と札束をギュッと逃げて行かないように握りしめると、そのお金は自分の手元にずっとあります。減りも増えもしません。

 
あぁ〜安心する!
さて、はたしてそうでしょうか?
お金の使い方は聖典から学ぶことができます。お金は人のために使う時、自分自身も豊かに祝福してくれます
「こぶし」というシンボルは戦いを挑む傾向があったり、自分の強さを世に表すために使われたりします。また、人の手はこぶしを作って握りしめる時【戦闘スタイル】、その中に入っているものを逃しませんが、新しく入ってくるものを受け取ることもできません。不思議な事に、私たちがこぶしを開き、手を広げて【イエスさまスタイル】、自分のお金が外に行くのを心良く見守る時、より多くの祝福、またお金を受け入れることができます。それは、手が開いているからです。
手を広げるイエス・キリストの像
イエス・キリスト

2)”Live like nobody else, so later you can give like nobody else.”

「誰もしてないような生活をし、将来誰にもできないぐらい与えることができるようになろう。」
この記事はもともとKeepers of Lightに投稿されたものです。