神様に見捨てられてしまったと感じたことがありますか?みんながみんなそのような経験をしたことがあるわけではないでしょうが、最近近しい知人の何人かがそのような経験をしたことがある、または現在している、ということを知りました。彼らとの会話は悲しいと同時に、希望のあるものだと感じました。この件に関してお話ししたい理由は、(心の準備をしてくださいね)わたし自身、神様に見捨てられたと感じたことがあるからです。捨てられたと感じるたけではなく、わたしは神様に怒りさえ感じていました。もちろんそんなことはおすすめしませんが、充分ありえることです。

 

続く不幸

人生の中で最も個人的で具体的な例は、結婚してからしばらくし、2歳から11歳の4人の子供たちがいた頃です。18か月の間に、わたしたちは次から次へと心が折れそうな経験と試練に見舞われました。わたしたちに与えられた試練は、ある人にとっては困難なものに感じられ、他の人にとっては公園へ散歩へ行く程度の何てことのないものに感じられるということは十分承知しています。人はそれぞれ試練を受け、それらは皆全く違ったものです。わたしたちの試練は、わたしたちを追い込むものでした。

まず、流産を経験しました。それから数ヶ月後、妻の父が病に苦しみ他界しました。三か月後には、わたしの母が突然亡くなりました。それから間もなく、わたしの父が重度の脳梗塞に襲われ、身の回りのこともできなくなりました。とどめに、その数ヶ月後、妻が人生を変えてしまうような脚の怪我をし、彼女は三か月の入院生活を余儀なくされ、合計半年もの間歩くことができませんでした。

そのときわたしは自分の気持ちを思い出しました。妻は病院からの借りているベッドから起き上がれず、痛み止めの副作用で意識もしっかりしていませんでした。子供たちは二階で寝ていたので、わたしは外の空気を吸いに行くことにしました。わたしはとても疲れていました。看病に疲れ、自営業に疲れ、子供の面倒を見るのに疲れていました。両親の一件からまだ立ち直りきれず、わたしはなんとかしっかりしようと精一杯でした。

家の外で涙が流れ出てきたことを今でも鮮明に覚えています。悲しみの涙でも、疲労からの涙でもなく、怒りの涙でした。神様がわたしたちを見捨てたことに怒りを感じていたのです。神様がわたしたちに、悲しんだり一息つく間もなく次々とこれらの危機が山積みに巻き起こるのを許されたことに腹を立てていました。次々と悲劇に打ちのめされることが、義にかなった生活をしようと最善を尽くしたことの褒美なのかと。だまされたと感じました。孤独で、だまされた気持ちになりました。

神様に対してそんな感情が生まれたのは初めてでした。

この話を読み、うなずきながら「そうそう。わたしも経験しました。」と言う人も、わたしが持っていたのと同じような感情と格闘したことがないので不思議に思う人もたくさんいることでしょう。あなたの知る、愛する人がこの道を歩いたことを保証します。

そのうちの一人は、ジョセフ・スミスです。リバティーの監獄にいたジョセフは、いらだちと見捨てられたという気持ちが膨れ上がっていたことが、聖典にも記録されています。ジョセフはこのように嘆願しました。

「おお、神よ、あなたはどこにおられるのですか。あなたの隠れ場を覆う大幕はどこにあるのですか。あなたの御手はいつまでとどめられ、あなたの目、まことにあなたの清い目はいつまで永遠の天からあなたの民とあなたの僕たちへの不当な扱いを長め、またあなたの耳はいつまで彼らの叫び声で貫かれるのですか?」(教義と聖約121:1−2)

ジョセフは神様に、自分の努めをよりよく果たすためにどのようなことをするべきかの提案をいくつかしますが、彼の嘆きには多くの質問が含まれています。あなたはどこにいらっしゃるのでしょうか?なぜお助けにならないのでしょうか?なぜ聞いてくださらないのでしょうか?

聖典にある、見捨てられたという気持ちの最も偉大な例は、救い主御自身の口からでた言葉です。十字架にかけられ、人間が耐えきれないほどの苦しみに耐えながら、主は神様を呼び求められました。

「そして三時ごろに、イエスは大声で叫んで、『エリ、エリ、レマ、サバクタニ』と言われた。それは『我が神、我が神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか』という意味である。」(マタイ27:46)

どうやら誰にでもあることのようです。

捨てられたという感情や神様への怒りの感情を抱くことの危険性は、その時にあるわけではなく、そのままにしておくことによってそれがわたしたちを追いやる状況にあります。無神論や不可知論といったどん底にすべり落ちて行く前に、何かがわたしたちを止めてくれなければなりません。(上海の高層ビルを滑り落ちて行くトム・クルーズのようなイメージです。)

その様な状況から単に『抜け出せる』というのは、ありふれた世間知らずの提案です。試練は現実に起きていて、非常に深刻な場合もあります。わたしが提案するのは、わたしたちが滑り落ちるのを止め、よじ登っていき神様と良い関係を持つ手助けとなるいくつかの方法です。

 

滑るのをやめるためにつかまれるものを見つける

神様への怒りは、あなたが神様は実在しておられ、生きておられるという証を持っている証拠なのだと思います。信じていないなら、腹を立てたりしないでしょう?主が生きておられるという純粋な証をたよりに、元いた場所を目指しましょう。神様がわたしたちを見捨てられたと思うのは恐ろしいことですが、彼が実在しないと思うのはもっと恐ろしいことです。神様は実在されるのですから。

 

新たな見解を見出す

「もっと悪い状況も有り得るから、あなたはまだましな方だよ」と誰も言われたくはないでしょう。また大変な思いをしている人にそう言い聞かせようとする人もいないでしょう。しかし、それは、リバティーの監獄から神様に嘆願しているジョセフに神様が言われたことでした。

「息子よ、あなたの心に平安があるように。あなたの逆境とあなたの苦難は、つかの間にすぎない。その後、あなたがそれをよく耐え忍ぶならば、神はあなたを高いところに上げるであろう。あなたはすべての敵に打ち勝つであろう。あなたの友人たちはまことにあなたの傍らに立っている。そして、彼らは温かい心と親しみのある手をもって、再びあなたを歓呼して迎えるであろう。」(教義と聖約121:7−10

それは主からの優しい叱責で、明るい方に目を向けるものでしたが、主はまたジョセフに語られ、新しい見解を与えてジョセフに謙遜になる機会を与えました。

「また、たとえあなたが穴の中に投げ込まれたり、殺人者の手に渡されたりして、死刑の宣告が下されても、たとえあなたが深みに投げ込まれても、たとえ寄せてくる大波があなたを巻き込もうとしても、たとえ暴風があなたの敵となっても、たとえ天が暗黒を集め、すべての元素が結束して道をふさいでも、また何にも増して、たとえ地獄の入り口が大口を開けてあなたをのみ込もうとしても、息子よ、あなたはこのことを知りなさい。すなわち、これらのことはすべて、あなたに経験を与え、あなたの益となるであろう。

人の子はこれらすべての下に身を落とした。あなたは人の子よりも大いなる者であろうか。」(教義と聖約122:7−8)

 

永遠の観点を見出す

幸福の計画は、常に「瞬時の幸福」をさすわけではありません。それは長期戦での計画です。その計画と神様がわたしたちに何を望まれているかについて勉強することは、人生においてもたらされる嵐に備える助けとなります。現在の困難の緊急性は、人生は永遠の観点からするとほんの一瞬であるという現実からわたしたちの目をそらさせます。その観点は、わたしたちの痛みを和らげてはくれませんが、少しだけ耐えられるものにしてくれます。神様はわたしたちのことをご存知で、わたしたちを愛しておられると知ることは助けになります。たとえわたしたちがそう確信を持てない時でさえもです。

ボイド・K・パッカー会長はこのように教えました。

「神様がそのようなことを起こされると思わないでください。神様は御自身の目的のもと、そのようなことが起こるのを許されるのです。計画と目的を知ると、そのような試練でさえも、愛にあふれた天の御父を証するものとなります。」

 

祝福を見出す

この世の嵐にもまれ 希望の失せしときには

かつて受けし主の恵み 数えてみなば驚かん

み恵み数えあげ 主の業数えみよ

み恵み数えあげ 主のみ業ほめたたえよ

いかなる苦と戦うとも たわむなかれ、神在(い)ます

み恵み数えよ天使は 汝(な)が旅を守りたまわん

これは賛美歌の歌詞です。少しくさいかもしれませんが、概念はいいものです。感謝の気持ちに集中するとき、わたしたちは謙遜になります。謙遜になることは次のステップの助けとなります。

 

慰めを見出す

ジェームズ・E・ファウスト長老は次のように言いました。

「人生の様々な試練にあって、自分が捨てられたように感じたり、悲しみや罪、落胆、失敗、弱点のために自分が実際以上に小さく見えてしまうとき、私たちは神の恵みを通して、無条件の愛によって慰められるのを覚える。その慰めは赦し忘れ去る愛であり、人を高め人に恵みを与える愛である。」(『リアホナ』1977年2月号p90

主がジョセフ・スミスに示されたように、「人の子はこれらすべての下に身を落とした」救い主は完全な共感と理解、同情をもつ御方です。彼に助けを求めてください。イエス・キリストの贖罪を通しての癒しを求めるときに、神様とのよじれた関係を真っ直ぐにすることができます。

救い主は、主の贖罪にあずかるようすべての人を招いておられることを証します。主を信じる信仰を働かせるときに、主はわたしたちを高め、わたしたちが試練に最後まで持ちこたえられるよう抱えてくださり、最後には日の栄えの王国に救ってくださいます。」(エバン・A・シュムツ長老

 

祈りによって共通の場を見つける

家の外に立っていたあの夜、わたしは神様と一方通行の会話をしました。とてもきれいなものではありませんでしたが、それでもわたしは神様と一方通行の会話をしていたのです。「屋根の上のバイオリン弾き」はわたしのお気に入りの劇、または映画です。主人公のテヴィエは神様との会話をもとに人生を歩みます。面白いだけではなく良い模範でもあります。家の外で涙を流しながらというのは、神様とお話をするのに最適な方法ではないことを認めます。それでも当時のわたしにとって精一杯のことでした。次の段階は、もう一度神様に話しかけ、今度は文句を減らし、耳を傾けることと理解を求めることに努力して両者が参加できる会話を心がけることです。

ベドナー長老は次のように勧告します。

わたしたちの生活の中で神の御心を見極め、受け入れることは、意義深い祈りの中で信仰をもって願い求めるうえで、不可欠な事柄です。しかし、単に「御心が成るようにしてください」という言葉を述べるだけでは不十分です。一人一人が自分の意志を神にゆだねるために神の助けを必要としています。

「祈りとは、天の御父の御心と人の意志が互いに一致する行為である。」(Bible Dictionary,“Prayer”752-753)謙遜に熱心に絶えず祈ることを通して,天の御父の御心を知り、それに自分を調和させることができるようになります。この点において、救い主はゲツセマネの園で祈られたとき、完全な模範を示されました。

「父よ、みこころならば、どうぞ、この杯(さかずき)をわたしから取りのけてください。しかし、わたしの思いではなく、みこころが成るようにしてください。イエスは苦しみもだえて,ますます切に祈られた。」(ルカ22:42,44」(2008年4月総大会

突き詰めていくと、わたしたちが神様に怒りを抱いたり、神様に捨てられたと感じるときは、「自分の方が神様よりよく分かっている」という考えになっているのです。その偽りのコントロール意識を捨て、自らの意志を主の御心に沿わせないと、神様に反するものとなります。それは、生涯を通して学ぶことであり、苦難の泥沼にはまっているときは実践するのが更に困難なものでしょう。

今大変な思いをされている方の気持ちがわたしに伝わってきます。あなたが滑り落ちる自分を止め、這い上がれるよう望んでいます。神様に見捨てられたという感情や、神様にいらだちをもったことのない方、それはいいことですし、皆さんがそのような経験を一度もせずに済むように願っています。

神様は生きておられ、わたしたちを愛しておられます。それは、わたしたちが目にすることができないときでもです。

 

この記事はもともとMMMによって書かれ、middleagedmormonman.com投稿されました。