末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン書を使うことから、時々誤って「モルモン教」と呼ばれる)にとって神権は、永遠の力であり神の権能です。神権を通じて、神は天地を創造し、統治されます。この力により、神は神の子供たちを贖い、高い所にあげ、「人の不死不滅と永遠の命をもたら」されます(モーセ1:39)。神は、教会のふさわしい男性の会員に神権の権能を授けます。そのため彼らは、神の子供たちの救いのために、神の御名によって行動することができます。神権者たちは、福音を宣べ伝え、救いの儀式を行い、地上での神の王国を統治するために権能を与えられます。— 神権

 

アロン神権は、1829年5月15日に回復された

アロン神権の回復

今日の教会で、ふさわしい男性の教会員は、アロン神権の儀式に臨み、奉仕する機会にあずかります。彼らが、ふさわしく義務を果たすときに、主の御名によって行動し、周囲の人々が福音の祝福を得られるように助けます。— アロン神権

メルキゼデク神権は、しばらく後に回復された

メルキゼデク神権の回復

メルキゼデク神権の権能を通して、モルモン教の指導者は教会を導き、全世界で福音を宣べ伝える業を指揮しています。このメルキゼデク神権の儀式によって「神性の力が現れ[ます]」(教義と聖約84:20)。

この大神権はアダムに与えられました。主が御自身の福音をお授けになったときには、この神権は常にこの地上に存在していました。大神権は大背教の時代に地上から取り去られましたが、1829年に回復されました。そのとき、使徒ペテロ、ヤコブ、ヨハネがジョセフ・スミスとオリバー・カウドリに大神権を授けました。— メルキゼデク神権

神権が回復さた時点で、バプテスマ、バプテスマの確認、子供の命名と祝福、聖餐会の執行、およびその他すべての儀式は、ついに適切な神権の権能と神権の鍵により執行されるようになりました。

末日聖徒イエス・キリスト教会は、神聖なメルキゼデク神権を保持する者の権能により管理されることとなりました。ジョセフ・スミスJr.は、その権能の大きさ、つまり神権が象徴することと、神権を持つにはふさわしく行動する必要があることの両方を理解していました。

わたしは、このことを知っています。神権の回復が、寛容かつ愛ある救い主を通して、直接の権能を人類に再び授けられたことを。その神権により、男女や子供たちが受ける祝福は、人の想像力を超えるものです。私たちは神権を通して行われる集会や様々な儀式を通して、神の愛をより深く知ることができます。神権を通してあなたの人生がどのように祝福されるか等についてもっと学びたい方は、こちらのチャットに書き込みをしてください。

 

この記事は、もともとキャンデス・サリマによってldsblogs.comに書かれたものです。