「可愛い子には旅をさせよ」とはよく聞く言葉ですが、まさにそれを考えさせられる出来事が子ども達の兄弟喧嘩を通して繰り広げられました。

 

第一幕:兄の不満

先日、娘が学校から泣いて帰ってきました。事情を聴いてみると、一緒に帰って来たお兄ちゃんに意地悪されたとか。

では、お兄ちゃんの言い分はというと、「歩くのが遅すぎるんだよ。」とのこと。

うちの三男坊。しっかり者ですが、少々心配性なところがあります。学校に遅刻したくない彼は、30分前に家を出ます。学校には5分で行けるのに。そんな彼ですから、朝、支度の遅い妹を待ってはいられません。ですから、朝は兄妹別々に学校へ行きます。

帰りはお兄ちゃんが妹を教室まで迎えに行き、一緒に帰ってきてくれるのですが、早く家に帰りたい兄は、ゆっくりと歩いている妹に付き合いきれない様子。思い通りにならない事柄にイライラする彼の気持ちは理解できました。でも、『みんながあなたと同じように行動するわけではない。それをわかって、相手のペースもわかってあげないと』と、いうことを諭ってもらいたかった母は、「あなたのように、なんでもパッパッとできる人もいる。そういう人は、短い時間でたくさんのことができるよね。でも、あなたの妹のように、一つのことに時間をかける人もいる。そういう人は、あなたが道端で見つけられなかった花や、虫に気が付ける人だったりするのよ」なんて、詩を朗読するかのように、優雅に説得しようと試みました。

セレナーデのような音楽が一変、照明が春のような淡い色から紺青の闇の色に変わります。

兄は語り始めます。「父と母から、『妹をヨロシク』と頼まれたからには、妹と一緒に居なくては、と思い、2年間、我慢してやってきたのです。」課せられた責任とその重さに耐えられず苦悩する少年の背中と涙。彼にとってはこの2年間が苦痛であったかのように、「もう我慢できない」という気持ちを訴えてきました。

「妹のクラスメートでお兄ちゃんと一緒に帰っている子がいるけど、その子たちは、ちゃんとお兄ちゃんについて行っている。僕の妹だけだよ、ノロノロ歩いているのは。」なんで僕だけ、妹に合わせなくちゃいけないの的な言い分でした。

ジャジャジャ ジャーン~!!!!

これまでの感情の嵐の舞台にパッとついた豆電球の照明。

あ~、そうですか。そこまで言うのなら、仕方がないですね。じゃ、あなたがその責任を引き受けるのが嫌だというのなら、それは母さんがやるしかないでしょう。

「明日からは、かあさんが妹を迎えに行きます。」

こんなことに付き合っていられないと思った母があっけなく幕を閉じて終わるはずでした。ところが、そこへヒーローが出現。

「だったら、兄ちゃんが迎えに行ってあげるよ。」と長男。
「あ~、僕も迎えに行けるよ~。」と次男。

『あら、こんな身近にヒーローが!』母の顔がニマリとしたのを三男に見られてはいけない、と、必死にこらえます。

めでたし、めでたし、とこんな美談で幕が下りるとは。と思いきや、またまた思わぬ展開が。

「いいよ、そこまでしなくてもっ!僕が連れて帰ってくるよっ!」と三男。

母「嫌だったらいいのよ。かあさんもお兄ちゃんも迎えに行けるんだから。」
三男「いいんだよ!僕がやればいいんだから!」
母「だから、嫌ならいいって言ってるの。」
三男「だから、いいんだってば!」

この段階で母は、意地悪な母役を楽しんで演じておりました(笑)。兄たちよ、君たちは、弟に良い模範を示してくれたねぇ。お陰で弟は、難しいことを投げ出さずにもう一回やってみようという気になってくれたじゃないか。腰に手を当てて、夕日に向かって言ってみたいセリフを頭に浮かべながら。

「明日もう一回、やってみたいの!かあさんと兄ちゃんたちが迎えに行くかどうかは、それから決めてもいいでしょ!」という三男のセリフが、この珍劇に幕を下ろしました。

これで一件落着と思ったら、「それじゃ嫌だ。かあさんといっしょに帰るのがいい~。」と、今度は娘がわめき始めました。

第二幕が予期せぬ速さで幕を開けました。

 

この続きはこちらから。

 

 

これはもともと飛ぶネコがKeepers of Lightに投稿したものです。