神がモーセに語られた時、神の業と栄光は「人の不死不滅と永遠の命をもたらすこと」(モーセ1:39)と、明らかにされました。この業において主の助け手となるのが、末日聖徒イエス・キリスト教会(他の人々によりモルモン教会と呼ばれてしまうことがある)の使命です。モルモンの預言者であり教会の大管長であったスペンサーW・キンボールは、1981年4月の教会総大会において、この使命の詳細な側面について説明しました。彼は、教会の「3つの使命」として知られるようになった、福音を宣べ伝える、聖徒を完全な者とする、死者を贖う、という主な優先事項を強調しました。

2009年に教会は、トーマス・S・モンソン大管長の指導の下、貧しい人や助けの必要な人の世話をするという、4つ目の要素を加えました。数えきれないほどの人道支援から分かるように、貧しい人や、助けの必要な人の世話をすることは、常にモルモンの信条の一部でありましたが、新たな修正は、効果的に、それを伝道と神殿の業とともに教会の最、最重要事項にしました。この動きは、世界に多くの貧困と苦しみがあるということだけでなく、途切れない神聖な啓示の岩の上に建てられている末日聖徒イエス・キリスト教会は社会の必要に応じて適応する能力がある、ということも証明しています。

教会の4つの使命

 1.福音を宣べ伝える

末日聖徒イエス・キリスト教会は、伝道の教会です。毎年、18歳から25歳までの何千もの若い男性と女性が伝道に送られ、そこで人々を見つけ、イエス・キリストの福音を教え、奉仕をします。今日、60,000人以上のモルモンの専任宣教師が世界中で奉仕をしており、さらに1000通の申請書が出されています。これらの若い宣教師が何を教えているかについては、What do Mormon Missionaries Teach about Mormonism?”(モルモンの宣教師は、モルモニズムについて何をおしえるか。英語)をご覧ください。

2.聖徒を完全な者とする

救い主は偉大な説教の一つで、「それだから、あなたがたの天の父が完全であられるように、あなたがたも完全な者となりなさい。」(マタイ5:48;3ニーファイ12:48)と宣言されました。罪のない人は誰もいないので、この戒めは従うのが最も難しいと思う人がいるかもしれません。しかし現代の啓示は、完全になることは過程であり、一度で全部完全になることはできませんが、救い主の模範に従いできることをすべて行い、完全になるまで忍耐しなければならないと、言っています。(教義と聖約67:13参照)

この目的を達成するために、末日聖徒イエス・キリスト教会は、会員に肉体的、情緒的、社会的、そして霊的福利のための活動やプログラムに参加する機会を提供しています。これらの多くは、人生の最も重要な段階にある青少年や若い独身成人の会員を導くために計画されています。

3.死者を贖う

多くの人は、福音を聞いて救いに必要な儀式を受ける機会が無いまま亡くなりました。すでに亡くなった人々は、イエス・キリストの贖いを通して、これらの祝福をモルモンの神殿で、彼らのための代理の儀式を通して受ける機会があるかもしれません。

教会員は、死者の贖いの業を2つの方法で行います。1)代理でバプテスマや他の神殿の儀式を受けることにより、そして2)家族歴史/系図探究をすることにより。これらの業は両方とも重要であり、儀式をしてもらう人だけでなく、儀式をする人も大いに祝福します。「彼らなしにはわたしたちが完全な者とされることはなく、またわたしたちなしには彼らが完全な者とされることはないのです。」(教義と聖約128:18参照)

4.貧しい人、助けの必要な人の世話をする

純粋なキリスト教の特質のひとつは、貧しい人や助けの必要な人の世話をすることを重要視することです。この目的を達成するために、末日聖徒イエス・キリスト教会は、福祉プログラムを組織しました。それは教会員のためだけでなく、教会外の人にも手を差し伸べます。末日聖徒は、様々な人道的プログラムと緊急対応の取り組みでも知られています。

加えて、イエス・キリスト教会には何百もの職業開発、斡旋センターが世界中にあります。永代教育基金により、恵まれない教会員たちが教育を受ける機会も提供しています。

イエス・キリスト教会がするすべてのことは、これら4つの使命に分類されます。

教会は直接教義を宣べ伝える以外の多くの働きをしますが、4つの使命の主たる目的は、人々がキリストの御許に来て、贖いの祝福を受けることです。