2015年1月14日

 

ユタ大学のグループが人の頭脳が強い宗教的な心情を持っている人の場合にどう作用するかを理解しようとしています。

Medialxpress.com reportsのレポートによると,ジェフ・アンダーソン(医学ともう一つの博士号を持つ)はユタ大学の神経放射線医学の准教授ですが,これがその主の最初の研究だと述べています。アンダーソンはこのプロジェクトのディレクターですが,次のように語っています。

「宗教と霊的な刺激は存在するものの中で,最も行動に影響する要素です。しかし,霊性についての神経科学はほとんど何も知られていません。わたしたちは人が霊的な経験をする時に,脳の中で何が起きているのかを研究したいのです。」

「宗教的な脳プロジェクト」と呼ばれている研究は,末日聖徒イエス・キリスト教会の伝道から戻ってきて,まだ活発な人たちの脳を研究することに注意しています。

選ばれたボランティアの参加者は,MRIのスキャンを受けることに同意します。スキャンの間,参加者は聖典の研究,祈り,あるいは教会制作のビデオを見て脳の活動を刺激します。

アンダーソンはその研究や祈りなどの典型的な宗教的な経験からの影響がどのくらい強いかを明らかにすることを望んでいます。彼が語っているのは,

「わたしたちはどの頭脳のネットワークが宗教的な気持ちに貢献しているかを理解したいのです。人が霊的に意味のある経験,例えば啓蒙,ぞくぞくする,鳥肌が立つ,あるいは沈着などを経験する時、それ特有の反応が脳の中で起こっているかどうかということです。」

 

この研究は最初末日聖徒に注目しますが,将来他の宗派も含めるようになります。