私はご先祖様が大好きです。亡くなったおばあちゃんとおじいちゃんぐらいしか個人的な面識はないですが、おじいちゃんおばあちゃんを見るとそのまたおじいちゃん、おばあちゃんを垣間見ている気になります。

この亡くなったご先祖様たちの霊は、今も生きてるって知ってますか?私は、亡くなった人の霊を感じる経験を何度もしたことがあります。だいたいはモルモン教の神殿に参入する時ですが、そうじゃない時もあります。

そして思うのです。ご先祖様は、私に何を伝えたいのかな〜?私が今、死んだとして、残った家族にどんなことを伝えたいのかな〜?と。正しいことをしていれば、笑顔で見守っているかもしれないけど、間違った選択をしたり危ない目にあいそうになったり、また、やるべきことをやれてない時に一発カツを入れたくなるんだろうな〜。と。

私は昔から「霊感がある子」ではありませんでした。だから、これから話す経験は別に私が特別だから起こったわけじゃなく、ご先祖様に心を向け、彼らの思いを知りたいと思った時に起きたちょっとした奇跡です。ぜひみなさんも、ご先祖様に心を向ける機会を作ることをおすすめします。

奇跡1:死んだおばあちゃん

おばあちゃんは、亡くなる前全く話すことができなくなっていました。二週間ぐらいそうだったと思います。だから心臓が止まったという知らせを聞いた時、私は病院の駐車場で祈ったのです。神様に、おばあちゃんをよろしくお願いします、と。そして、もしおばあちゃんが最後に伝えたかったことや私にできることがあったら、教えて欲しいと。そうするとすぐおばあちゃんの声がはっきりと「もう十分してもらったでええよ。」と聞こえました。

しばらくして、モルモン教の神殿でおばあちゃんの供養をしていて、家族と永遠に結び固められる(繋がる)儀式をしていた時に、「これでやっとみんな一緒にいられる」というおばあちゃんの喜びの思いが私の心に流れ入ってきました。後から気づいたのですが、おばあちゃんは4歳の時に母親を亡くし、父親は忙しく家にいないことも多かったので、きっと寂しい思いをして育ったことを思い出しました。

奇跡2:死んだ我が子

以前、私の投稿でお話したように、死んだ我が子が私の左に立ち、肩に手をおいてくれた経験。彼の愛と慰めを感じる特別な経験でした。・・・

 

続きはこちら

 

これはトゥーラー彩恵によって書かれ、Keepers of Lightに投稿されたものです。