作者別: キャンベル 愛美

前世が知りたい!前世が本当に存在した理由

「前世が知りたい!」それは誰しも一度は思うこと。そもそも前世なんてあるのか?ということも。モルモン教でははっきりと前世の存在を伝え、わたしたちが前世で何をしていたかも聖典を通して知ることができます。前世の意味を知ると、今の人生の意味、また目的が明確になってきます。

Read More

モルモン教はカルト集団だと思っていたバプテスト派の牧師「モルモン書を受け入れ、信じている」と話す

モルモン教はカルト集団だと言われ育ってきたバプテスト教会の牧師リン・ライデンアワーは、今では、モルモン書をイエス・キリストについての書物であると同時に、人々が忘れている神様との約束、聖約について思い出させ、人々が聖約によって変わっていくことができることを話した。

Read More

幸せな結婚とは大掛かりなものではない

「僕が君を愛してるってどうしてわかるの?」妻の答えにわたしは言葉を失った。わたしは何十万もかかったクルーズだったり、何十時間もかけて作成したプレゼントだったりと考えていたのだが、彼女の答えは「お水を持ってきてくれたから。」幸せな結婚とは小さなことの積み重ねだと妻が気づかせてくれた。

Read More

末日聖徒:クリスマスにおけるモルモン書の意味とその証人

モルモン書はクリスマスの時期に読むのにふさわしい書物です。聖書のようにモルモン書はイエスの誕生や使命、マリヤのことなどが昔から予言されていたことが記されています。モルモン書が真実であるという2人の証人の証がこの記事では紹介されています。聖書もモルモン書もクリスマスの喜びの知らせをもたらします。

Read More

Facebook

神への信仰

末日聖徒イエス・キリスト教会の正しい情報やイベント、ブログ、ミームを紹介しています。
神への信仰
神への信仰火曜日, 6月 25th, 2019 at 11:00pm
ある若い宣教師が、昼食を取るために同僚とハンバーガーショップに向かっていた時のことです。ホームレスの女性が道で人々にものごいをしている様子を目にしました。彼らは彼女の横を通り過ぎ、すぐ近くのハンバーガーショップに入りました。自分が注文した食べ物を持ってイスに座った時のことです。さきほど見かけたホームレスの女性が、どうやら宣教師の後を付いて来たようで、大胆にも「その食事をわたしにください」と言ったそうです。周りの人が、一気に自分に注目していることが分かり、その視線がとても気になりました。「はい」と言うしかないように思えました。「宣教師である僕がこの食事をあげなかったら、愛がない宣教師だと思われるに違いない」と。そして、自分の食事を仕方なくその人にあげたのでした。

それを見ていたある人は、自分が食べ物を注文する番になると、その宣教師の食事を買ってお店を去ったそうです。そして宣教師にはお店の人が食事を運んできてくれました。宣教師は思いがけない親切に驚きました。すでにお店を去ってしまったので彼の名前も知ることはありませんでした。その宣教師からすると、仕方なく食事を渡した僕よりも、彼こそが神様に近い人だと感じたそうです。本当に助けが必要な人に出会った時、勇気を出して無欲に奉仕したいものですね。
神への信仰
神への信仰日曜日, 6月 23rd, 2019 at 11:00pm
筆者の不登校になった経緯や今伝えたいメッセージが心に響きます。
神への信仰
神への信仰木曜日, 6月 20th, 2019 at 11:00pm
よく見かける雑草は、気を抜くと四方八方に生え、どんどん大きくなり、家の周りをすさまじい状況にしてくれます。特に、「先週、全部抜いてきれいになっていたのに!」というような、とても残念な気持ちにさせられます。それが雑草です。

わたしにとって雑草は、サタンとサタンの手下です。そこで思い出すのは、サタンはわたしたちを惨めにすることが目的だということです。すきがあると、容赦なく挑んできます。そしてわたしたちが残念がったり、苦しむと喜ぶのです。そう思うと、サタンとサタンの手下に負けてはいけない!と思います。

庭でよくアリを見かけますが、小さなアリたちはとても勇敢です。わたしが雑草抜きをしていると、アリにとっては巨人のわたしによじ登り、かんできます。自分たちの巣を攻撃されたと思い、一族を守ろうとしているのだと思います。わたしはその勇気に感銘を受けます。わたしたちも、アリのような勇気を持つ必要があると思います。人生がうまくいかず、雑草のように容赦なくかかってくるサタンに攻められていると感じたら、勇敢なアリのように立ち上がって雑草を広げないように、また根っこからちゃんと引っこ抜けるように対処する必要があります。

「勝利者となるために、まことに、サタンに打ち勝つために、またサタンの業を支えるサタンの手下どもの手から逃れるために、常に祈りなさい。」教義と聖約 10:5

神様の基本的な教えを日々実践することで、雑草という名のサタンの業が浸透しないように、攻められるすきをなくすよう励んでいきましょう。

寄稿者:真実
神への信仰
神への信仰火曜日, 6月 18th, 2019 at 11:00pm
誠心誠意で主に心を向けるならば,生活を破壊したり,喜びを損なったりする恐れのあるすべてのものから主が救い出してくださることを,主の御名により約束します 。カイル・S・マッケイ長老
#末日聖徒イエスキリスト教会 #モルモン #総大会
神への信仰
神への信仰日曜日, 6月 16th, 2019 at 11:00pm
末日聖徒イエスキリスト教会では音楽を大切にしています。

Pin It on Pinterest