投稿者: キャンベル 愛美

サラ・ローブルズとミシェル・カーターによる「ふつう」の再定義:世界中の少女に向けて

先日行われたリオオリンピックで見事に銅メダルを獲得したモルモン教のサラ・ローブルズが少女時代、体型のことでいじめられていたと話す。「ふつう」という理想に挑戦することが大切。自分自身でいること、ありのままの自分を強みにして生きることが大切と大胆に語る。

続きを読む

世界の舞台で信仰を示し続ける2m10cmのモルモン教オリンピック選手

世界の舞台で活躍したオリンピック選手のコシックは、BYUの教授の誘いで入学します。BYUキャンパスに来た時に、山々の風景を夢で見たことを思い出し、その意味を知りたいと思います。福音を学び出すと、このように言われました。「教会に加入するべきではない理由は何百もあります。でも加入するべき理由はひとつです。」

続きを読む