カテゴリー: イエス・キリストと教え

生まれてから死までの神の計画

人は生まれてから死ぬまで様々なことを経験しますが、それは一体何のためでしょうか?もし死んで全てが終わってしまうなら、人生を頑張っても虚しい気持ちがします。モルモン教では生きている時間は「死すべき状態」としての期間と考え、わたしたちの命は永遠に続くと信じています。

個人事業を開業して成長するモルモン教の主婦

中国地方、北陸、関東と夫の転勤生活の中で、今思えば会うべき人に出会い、学ぶべきことを学んで来ました。個人事業を開業するに当たって、神様からの導きは応援してくださっているが「今ではない」という促しでした。神様が「今だ」という時を知らせるまで、待ったことでたくさんの祝福がありました。

福音主義教会で27年間牧師を務めた後、モルモン教に改宗した経験を物語る

元福音主義教会の牧師トム・スコットは27年間、あらゆる聖職に就き、福音を教え、神の御心を行って来ました。彼の周りにモルモン教の信者はいませんでしたし、モルモン教はカルトだと教えられ、トムもそのように人々に教えて来ました。しかし、ユタ州に来て近所の人たちのクリスチャンとしての生活や愛が彼を改宗へと導いたのです。

犯罪や薬物から自由になるためには

ブリガムヤング大学の社会学教授のバール教授は長年の犯罪と薬物使用、またその家族関係の研究をしてきてわかったことがあると言います。それは、人々が本当の意味で自由になるには真理を知る必要があるということです。その真理がどれだけ卑劣で痛々しいものでもです。

前世が知りたい!前世が本当に存在した理由

「前世が知りたい!」それは誰しも一度は思うこと。そもそも前世なんてあるのか?ということも。モルモン教でははっきりと前世の存在を伝え、わたしたちが前世で何をしていたかも聖典を通して知ることができます。前世の意味を知ると、今の人生の意味、また目的が明確になってきます。

2017年イースターキャンペーン

2017年イースターはどうお過ごしでしょうか?イースターの意味を考えることができましたか?イエス・キリストの復活をお祝いするイースターの風習。その歴史と意味。あなたの生活にどんな意味をもたらしたのかを紹介します。あなたの生活にイエス・キリストを見つけることができますように。

モルモニズムにおける喜び:今日という日を大切に

わたしたちは「いつか」という言葉を注意して使うべきです。『いつか彼を許そう』、『いつか教会に行ってみよう』、『いつかクリスチャンになろう』などなど。今日という日を生きていますか?今日、なすべきことをするべきです。過去から学び、将来に備え、今を生きる。それが本当の喜びへの近道なのです。

Loading

Facebook

神への信仰

末日聖徒イエス・キリスト教会の正しい情報やイベント、ブログ、ミームを紹介しています。
神への信仰
神への信仰木曜日, 5月 23rd, 2019 at 11:00pm
外で遊んでいた5歳の息子が泣きながら家に帰ってきました。近所の子供たちが一緒に遊んでいたので、そのグループに入ろうとしたところ「家に帰れ!」と一人の子供に言われたというのです。その子とは前からうまくいっていないようなのですが、泣きじゃくる息子を見ると、とても可愛そうな気持ちになりました。そして、ここは人生の教訓を教える良い機会だと思いました。

今感じている気持ちを覚えて、誰かにそのようなことを言ったり、そのような思いをさせないように気を付けること。そして、相手の態度が悪くても自分が良い態度を示し続ければ、きっといつか関係が改善することを話しました。そして、一緒にお祈りすることを提案しました。息子に慰めがあるように、そして相手の子供の心が和らぐようになどと祈りました。

コリント人への第一の手紙12章で、神様はわたしたちを「からだ」に例えられました。わたしたちそれぞれは一つの肢体なので、あなたとは合わないから必要ないです、ということはできないんですよね。わたしたち一人ひとりが必要とされているからです。『真理を守る』にはこのように書いてあります。「家族や周囲の人々との関係において、救い主を模範としてください。救い主が愛されたように尽きることのない思いやりと忍耐、そして憐れみを胸に、愛そうと努力してください。」この尽きることのない思いやりと忍耐のある愛、欲しいですね!!

人間関係の中で理解できないことが起こることってありますよね。そういう時はその人のありのままの状態を受け入れてみる。そうすると、何だか少し気持ちが楽になります。後は救い主ならどうされるか、と考え祈りの気持ちで行動していくと聖霊の導きがあります。そして、その導きに従った後はすべてを神様に委ねる。さて、近所の子供との関係が改善されるようにこのステップを踏んで救い主の模範に従っていきたいと思います。

寄稿者:真実
神への信仰
神への信仰水曜日, 5月 22nd, 2019 at 11:00pm
前回の総大会の話から引用しました。主を信頼して祈ることも大切なんですね。
神への信仰
神への信仰日曜日, 5月 19th, 2019 at 11:00pm
今週の家庭の夕べや活動にぜひ!!!このクイズを使った家庭の夕べのアイデアも載ってます。
神への信仰
神への信仰金曜日, 5月 17th, 2019 at 11:00pm
結婚生活に幸せを感じていますか?それも難しいと感じていますか?正直、わたしはその両方を繰り返し続けているように思います。『結婚生活を強める』という教会のマニュアルがあるのをご存知ですか?わたしは結婚生活を強めるために、伴侶と一緒にそのマニュアルを読むことにしました。

すぐに気が付いたのは、そのマニュアルを読むだけで肯定感が生まれ、良い気持ちになるということです。そして、はっと思った言葉は以下のブルース・C・ヘーフェン長老の言葉でした。

「しかし聖約による結婚に問題が起きた場合,夫と妻は協力して問題を解決します。彼らが結婚したのは与え,成長するためであって,二人は聖約によって互いに,社会に,さらに神に,結ばれています。」

人によっては問題が起こると、別れることに集中しだすそうです。でも、結婚と伴侶に対して強固な決意ができている人は、問題解決に集中することができるそうです。その決意が無いと、チャレンジに対抗する土台に欠ける、とそのマニュアルで教えてくれています。

もしも結婚と伴侶に対してネガティブな思いを抱いてしまうことがあったら、ぜひこのことを思い起こして、再度決意し直してみてください。結婚に対して前向き思考になれます。わたしは、このことを読んで自分は変わらなければいけない!と感じました。なので、この本をお勧めすることができます。ぜひこのマニュアルを夫婦で読んでみてください。より良い結婚生活が待っています。独身の方もぜひ読んで、将来に活かせるようにしてみてください。とても良い学びになり、自分磨きにつながること間違いなしです!
https://buff.ly/2WNUJxP

寄稿者:真実
神への信仰
神への信仰水曜日, 5月 15th, 2019 at 11:00pm
今週は何を改善できるか考えるいいチャンスですね!

Pin It on Pinterest