カテゴリー: イエス・キリストと教え

戒めの一枚上手を行こうとするとき

わたしたちは時々自問する必要があります。戒めの一枚上手を行き、教会文化での福音に従おうとするのか、それとも主の戒めに従おうとしているのかです。周りの目を気にして、教会文化的戒めを守ろうとするときに、主の標準の上を行こうとします。地に満ちよという戒めに従いたいがため、子供の数=信仰の強さと思う人もいます。

生まれてから死までの神の計画

人は生まれてから死ぬまで様々なことを経験しますが、それは一体何のためでしょうか?もし死んで全てが終わってしまうなら、人生を頑張っても虚しい気持ちがします。モルモン教では生きている時間は「死すべき状態」としての期間と考え、わたしたちの命は永遠に続くと信じています。

個人事業を開業して成長するモルモン教の主婦

中国地方、北陸、関東と夫の転勤生活の中で、今思えば会うべき人に出会い、学ぶべきことを学んで来ました。個人事業を開業するに当たって、神様からの導きは応援してくださっているが「今ではない」という促しでした。神様が「今だ」という時を知らせるまで、待ったことでたくさんの祝福がありました。

Loading

Facebook

神への信仰

末日聖徒イエス・キリスト教会の正しい情報やイベント、ブログ、ミームを紹介しています。
神への信仰
神への信仰火曜日, 11月 19th, 2019 at 10:00pm
祈り、問いかける事を忘れないようにしたいですね。
神への信仰
神への信仰日曜日, 11月 17th, 2019 at 10:00pm
見えなくても神様の愛を感じることができますね。
神への信仰
神への信仰
神への信仰金曜日, 11月 15th, 2019 at 10:01pm
スティーブ・ヤング
プロフットボール殿堂(アメリカのオハイオ州にあるアメリカンフットボールの殿堂)入りを果たし、またスーパーボウルでMVPに選ばれたこともあるスティーブ・ヤングは、NFLで15年にわたって輝かしい活躍を見せました。その15年間、ヤングは「あからさまにはしませんでしたが、自分でしっかり境界線を決め、生活してきました。プロのアスリートとして、フィールドでもプライベートにおいても、子供たちにとって悪い模範となるようなことは決してしないと決めていました」と語りました。

自身の信仰について、彼は2012年のDeseret Newsに記事を書き、次のように言いました。「わたしは教育においても、プロ選手としても、常に良い成績を収められるように努力をしてきました。神様の元へ戻る道をたどることは、夫、父親、息子、兄弟、友人としての最も重要で大切な役割を果たす助けにもなっています。聖典は救い主、福音、そして聖霊がどのように贖いを通して罪を洗い流し、新しい自分になれるかを教えてくれます。聖典なしに、それらの役割をベストを尽くして果たすことはできません。わたしは、キリストが『わたしを信じなさい』と言われた招きに、どうすれば答えることができるだろうかと常に考えてきました。絶えず自分を磨き、信仰と従順によって贖いの力を受けるにふさわしくあることによってのみ、わたしは主の道を歩むことができるのです。」

つい最近、ヤングはLDS Livingで「わたしの人生のこの段階で、最も感謝している2つのことは、わたしの家族と信仰です」と分かち合いました。
この記事はもともとはLDSリビングに掲載されてものの一部です。写真はJed Wellsが提供したものです。
神への信仰
神への信仰水曜日, 11月 13th, 2019 at 10:00pm
主は他の人にはないあなたの素晴らしさを知っています。
神への信仰
神への信仰火曜日, 11月 12th, 2019 at 10:00pm
神への信仰コミュニティーが最近作られました。そのグループを通して、皆さんの信仰生活などについて気軽に語り合えたらいいなと願っています。そのグループへの参加も、ぜひよろしくお願いします。

Pin It on Pinterest