わたしは、モルモン教とも呼ばれる末日聖徒イエス・キリスト教会の会員として、クリスチャンの家庭で育ちました。ですから、いつもイースターを祝っていました。卵の色づけやイースター・バニーからのサプライズなどの楽しい伝統と、イースターの真の意味を考える良いバランスが我が家にはありました。イースターの日曜日には、教会へいつも新しい服を着て行き、家族で食事のために特別に集まりました。クリスマスのようにその日の要がイエスであると知りながら育ちました。それでも子供としては、祝日の楽しい伝統に夢中になるのは仕方がありません。大人でさえも、それらを楽しんでいます。

徐々に大人になる中で、わたしは常にイースターの意味を知っていきましたし、それが真実であると心の中で知っていました。時間と共に、イエスが実際に死から3日目に墓からよみがえったということは、真実であるという知識へと徐々に変化していきました。どのようによみがえったかは、理解することはできませんが、そうだったということは知っているのです。それが真実であると知るために、理解する必要はありません。それは携帯電話で通話するのに、その仕組みを知らなくても良いのと同じです。完全には理解できなくても真実は真実です。それはわたしが、長年かけて学んだ信念です。そして真実が心に入ってくるのを感じる時、とても平安を感じます。

 

イースターで最も大切なこと

復活の原則が信念から真実へと変わっていったのはゆっくりとしたプロセスでしたが、確かな知識へと導いてくれました。そしてその知識がわたしの霊にしっかりと根付くと、それについて疑問を感じる必要は二度とありませんでした。母親として、祖母として、同じように伝統のバランスを取っています。家族として楽しいことを一緒にしますが、イースターの日曜日にもっとも大切なのは、救い主がわたしとわたしの愛する人たちのためにしてくださったことを心にとめることです。わたしは、日曜日に他の場所を選ぶのではなく教会に出席することにより、救い主への献身を示すことができます。そしてわたしの真の献身は、一年を通して毎日、クリスチャンとして生活するよう努力することです。

わたしは、イースターの日曜日の朝目覚めてベッドから起きようとしながら、イエス・キリストの復活とわたしにとっていかに貴いものかについて、知っていることすべてを思い巡らしていたことをはっきりと覚えています。頭で電球がついたかのような突然のひらめきがありました。多くの理由から、イースターはとても個人的なものとなりました。その理由の数は、既に亡くなった愛する人の数に等しいものです。彼らの霊が生き続けることと、イエスが死を克服したので、いつかはわたしたちすべての肉体と霊が再び結びつく日が来ることに疑問を持ったことはありませんでした。しかし、その瞬間何かがわたしの中でピンときたのです。

 

家族の死と復活

わたしは母が癌で衰弱するのを見ました。彼女が小さく土色になっていくのを見ました。肝不全のために目と皮膚が深い黄色になるのを見ました。そして彼女が息を引き取る時、その場にいました。父が老齢のために衰え、何の喜びも人生に見出せない状態になるのを見ました。関節炎で体が不自由になり、他の慢性的な病で苦しみました。そして、彼はよく寂しいともらしていました。53年連れ添った妻を亡くしてから10年が経っていました。医者が彼に、どの治療法も彼の肺炎に効いていないのでもう終わりだと告げた時、わたしは一緒にいました。父は、安堵していました。彼は、準備ができていたのです。もう、わたしをくすぐっていたパパではありませんでしたし、わたしの子供たちを肩車してくれていたおじいちゃんでもありませんでした。彼は体の不自由な老人だったのです。両親を通して人生の不変の事実、死を見ました。人は死を免れないので衰弱します。病気であろうと老齢によろうと、わたしたちはすべていつかは、逝くのです。人間の体がそのように衰弱し、その過程でどうすることもできなく霊が捕らえられようと、肉体をいつかは置いていかなければならないと受け入れるしかないのです。親愛なる人をひとりも失ったことがない人はほとんどいないでしょう。そして、しばしば死は、悲劇的な方法で早すぎてやってきます。そのような喪失は、理解しがたいものであり、別離が永遠ではないと知っている奇跡によってしか慰められないでしょう。

怖がらせたくはありませんが、死の現実味は兄弟の自殺によってさらに家にやってきました。彼の遺体は3日間発見されず、彼の家族としてわたしたちは遺品を整理するために取り残されました。遺体があったその空間にたのです。わたしはそこで死のにおいを経験しました。それはわたしを、聖書のラザロの物語に幾分感情移入させました。イエスが彼を死からよみがえらせるために墓石を転がしてどかすまでに、亡くなってから4日間経っていたのならば、どのような状態だったのでしょうか。日にちが経っていただけに、さらなる奇跡だったことは確かでしょう!

イエスがラザロにした奇跡は、わたしたち筆者が伏線と呼ぶものだと思います。イエスは、自分には死を克服する力があることを公にはっきりとさせたのです。しかし彼に近い人々でさえ、その真の意味とそれから起きることを理解できませんでした。わたしは今日に至るまでまだ理解できていませんが、それが真実であることを知っています。そしてそれが、あるイースターの朝にピンときたのです。愛する人を失って埋めたとき、わたしは突然、それが一時的に過ぎないという否定できない喜びに満たされました。イエス・キリストが父なる神の独り子なので、究極の代価を支払ったので、死を克服することができたのです。そしてイエスがそれをなさったので、死は、以前ほどわたしの気力を失わせる醜いものには感じられないのです。わたしは、愛する人々を再び肉体の状態で抱きしめられると知っています。彼らもわたしも、欠けるところがない完全な状態であることでしょう。

「『・・・死よ、お前の勝利は、どこにあるのか。

 死よ、お前のとげは、どこにあるのか。』

しかし感謝すべきことには、神はわたしたちの主イエス・キリストによって、わたしたちに勝利を賜ったのである。」(Iコリント1555,57

 

 

この記事は、末日聖徒イエス・キリスト教会の会員、アニタ・スタンスフィールドによって書かれました。