タグ: クリスマスの過ごし方

末日聖徒:クリスマスにおけるモルモン書の意味とその証人

モルモン書はクリスマスの時期に読むのにふさわしい書物です。聖書のようにモルモン書はイエスの誕生や使命、マリヤのことなどが昔から予言されていたことが記されています。モルモン書が真実であるという2人の証人の証がこの記事では紹介されています。聖書もモルモン書もクリスマスの喜びの知らせをもたらします。

クリスマス―我が家の伝統

皆さんは12月に行われる家族の伝統がありますか?私の家族はクリスマスにアドベントカレンダーを使って、誰かに奉仕をします。子供たちは贈物を届ける際にピンポンダッシュをするのが好きなようです。もう一つは新しい絵本を購入することです。そこで、今回は私のお勧めの本を紹介します。

今までで一番高価なプレゼント

「メリークリスマス」と弱々しい声で訪ねてきた友人。「これ、クリスマスプレゼント。。。」と言ってラッピングされてない、ただのビニール袋に入ったものを僕に渡す。中には100均で買ったであろうレシートも。一体何なんだと思ったわたしの思いは、それから後いっぺんにして僕の価値観を変えた。一番高価なプレゼントになったのだ。

世界一クリスマスらしい曲は「きよしこの夜」

「きよしこの夜」ほどクリスマスらしい曲はありません。この曲は100以上の言語に翻訳され、今やメロディーを知らない人はほとんどいないでしょう。作曲者モールは貧困と戦争の只中、この賛美歌「きよしこの夜」をかきました。この賛美歌は後に戦争一時休戦にしてしまうほど人々の心に浸透します。

Loading

Facebook

神への信仰

末日聖徒イエス・キリスト教会の正しい情報やイベント、ブログ、ミームを紹介しています。
神への信仰
神への信仰木曜日, 6月 20th, 2019 at 11:00pm
よく見かける雑草は、気を抜くと四方八方に生え、どんどん大きくなり、家の周りをすさまじい状況にしてくれます。特に、「先週、全部抜いてきれいになっていたのに!」というような、とても残念な気持ちにさせられます。それが雑草です。

わたしにとって雑草は、サタンとサタンの手下です。そこで思い出すのは、サタンはわたしたちを惨めにすることが目的だということです。すきがあると、容赦なく挑んできます。そしてわたしたちが残念がったり、苦しむと喜ぶのです。そう思うと、サタンとサタンの手下に負けてはいけない!と思います。

庭でよくアリを見かけますが、小さなアリたちはとても勇敢です。わたしが雑草抜きをしていると、アリにとっては巨人のわたしによじ登り、かんできます。自分たちの巣を攻撃されたと思い、一族を守ろうとしているのだと思います。わたしはその勇気に感銘を受けます。わたしたちも、アリのような勇気を持つ必要があると思います。人生がうまくいかず、雑草のように容赦なくかかってくるサタンに攻められていると感じたら、勇敢なアリのように立ち上がって雑草を広げないように、また根っこからちゃんと引っこ抜けるように対処する必要があります。

「勝利者となるために、まことに、サタンに打ち勝つために、またサタンの業を支えるサタンの手下どもの手から逃れるために、常に祈りなさい。」教義と聖約 10:5

神様の基本的な教えを日々実践することで、雑草という名のサタンの業が浸透しないように、攻められるすきをなくすよう励んでいきましょう。

寄稿者:真実
神への信仰
神への信仰火曜日, 6月 18th, 2019 at 11:00pm
誠心誠意で主に心を向けるならば,生活を破壊したり,喜びを損なったりする恐れのあるすべてのものから主が救い出してくださることを,主の御名により約束します 。カイル・S・マッケイ長老
#末日聖徒イエスキリスト教会 #モルモン #総大会
神への信仰
神への信仰日曜日, 6月 16th, 2019 at 11:00pm
末日聖徒イエスキリスト教会では音楽を大切にしています。
神への信仰
神への信仰日曜日, 6月 16th, 2019 at 4:21pm
お父さん、いつもありがとう😊
神への信仰
神への信仰金曜日, 6月 14th, 2019 at 11:00pm
現在の男性としてのポジションに関わらず、ポジティブな姿勢が多くの人に影響を与えることができます!

Pin It on Pinterest