タグ: モルモン書

モルモン書、ニーファイから学ぶ7つの価値あるもの

ニーファイは信仰強い指導者でした。不従順な兄たちを導くために主から召されますが、その兄たちと家族と進んだアメリカ大陸への旅は苦難の連続でした。しかし、どんな時でもニーファイは従順に主の御心を行おうを努めました。わたしたちはニーファイから学ぶことがたくさんあります。

モルモン書の最も初期の原稿から学ぶこと

ブリガム・ヤング大学で言語学と英語を教える、ローヤル・スクーセン教授が25年もの長きにわたり、モルモン書のオリジナル原稿や印刷会社に渡すための原稿、第20版すべての原稿を徹底的に研究しました。その結果、これまでの解釈が正しかったことが裏付けられたのです。

モルモン書についての作り話を否定する

モルモン書に関する作り話は次のようなものがあります:モルモンはモルモン書に重きを置いていて、聖書を信じていない。モルモン書はジョセフ・スミスによって書かれた。これらはすべて人が考えた作り話です。わたしたちはモルモン書と聖書の両方を信じています。そしてモルモン書は神から与えられた御言葉です。

モルモン書にヘブライ語の文法表現を見いだす

モルモン書は、1800年代にジョセフ・スミスによってアメリカで出版されましたが、ジョセフ・スミスが書いたものではありません。彼は神の力によって、「変体エジプト文字」で書かれた金版から英語に翻訳しました。その証拠に、ヘブライ語で使われていた文法表現がモルモン書に多く見つけられるのです。

ロード中