タグ: 人の価値

なぜ他の人が祝福されているのを見ると、心が傷つくのでしょう

妹が誕生日プレゼントに人気キャラクターの人形をもらったのを見たお姉ちゃんは大奮闘!大好きな妹が喜んで嬉しいはずなのに、自分もそれが欲しくて、怒ってしまったのです。このような心が傷つく経験は子供時代で終わりません。もっと大きい家、出世、他の人が持ってる幸せを比べ、追いかけていませんか?

「謙遜」の皮をかぶった「高慢」

謙遜とはどんな行動でしょうか?謙遜になるためだと思ってしていた行為が、実は自分を守るための高慢である事があります。高慢は時々「謙遜」の皮をかぶってわたしたちに近づいてくるのです。セラピストのDr.ハンクスが謙遜と高慢の認識の仕方について4つのポイントを紹介します。

どうする?子供がモルモン教の戒律に沿わない時

思春期の子供たちはほとんどが自分の信仰について、また教えられている戒律について考え、葛藤します。中には教えを守れない子供もいます。モルモン教では日曜日にふさわしい服装がどのようなものか教えられていますが、皆が皆そのような服装ができるわけではありません。では、大人や指導者たちはどう彼らを助けられるでしょうか。

同性愛と宗教の自由

何百年にもわたって迫害されてきた同性愛者と、信じる宗教のために迫害されてきた人たちは自由を求めているという点で似ています。わたしたちは互いを尊重し、それぞれの信仰や性的嗜好を受け入れるべきなのです。互いの違いばかりに目を向け、敵対心を抱くとサタンの思惑通りになってしまいます。

天使によって救われる

暗闇の中で、14段もある階段の一番上から真っ逆さまに転落した女性。階段の行き着く先は硬いコンクリートの床でした。頭をぶつけて出血し、脳震盪も起こしましたが、奇跡的に命は助かりました。死んでいたかもしれない状況のなか、命が助かったのは、天使と神の助けだと気が付きました。

死後の世界はある

モルモン教では死後の世界、そしてそこでどのようなことが起こるかをしっかり教わっています。ですので、肉体の死を恐れる必要はないと理解しています。死後には霊界で人々が福音を教わる機会が与えられると信じています。そして、最後の裁きがありそれぞれ相応の王国で永遠に住むのです。

同性愛者でいながら、忠実なモルモンでいることは可能である

同性に惹かれる「同性愛者」と呼ばれる人たちはモルモン教の教会の中にもいます。教会は同性愛は神の教えに反することだと教え、信じていますが、同性愛者を締め出すことはありません。わたしたちは福音のもとで兄弟姉妹として互いに助け合い、一致することができます。

肉体と精神:自己イメージに影響を与える宗教的信仰

特に年頃の女性は自身の外見について厳しく評価します。そしてより細くなろうとする傾向にあります。モルモン教を信じる女性も同様です。しかし、モルモン教の信者がより忠実に従おうとすればするほど、摂食障害的な行為が減る、という研究結果が出ているのです。これは、モルモン教の教えが自己イメージを高める傾向にあると言えます。

Loading

Facebook

神への信仰

末日聖徒イエス・キリスト教会の正しい情報やイベント、ブログ、ミームを紹介しています。
神への信仰
神への信仰木曜日, 8月 22nd, 2019 at 11:00pm
あるバプテスマ会に出席した時のことです。ほかの用事もあったので、教会に着いてから子供をバプテスマ会向けの洋服に着替えさせました。その時点で3歳の息子のために用意したズボンが大きいことに気が付きました。それは普段は着ていないズボンだったのです。でもバプテスマ会が始まる時間になっていたので、そのまま教会堂に入ることにしました。バプテスマ会はとても御霊にあふれる素晴らしい会でした。しかし、わたしの息子たちは活発的で、御霊にあふれる雰囲気とはかけ離れた行動を取っていました😢そして、3歳の息子はジャンプするとズボンが床に落ちることに気が付いてしまったのですΣ( ̄□ ̄|||)それを面白いと思った息子は、何度もジャンプし出しました。その度におむつが丸見えになるのです😅わたしは自分の頭に付けていたヘアクリップを取り、ズボンのウエスト部分をきつくしました。でも息子はとても嫌がり、そのクリップを取りたくて仕方がありませんでした。帰ることも考えたのですが、知り合いの助けもあり、何とかバプテスマ会は終わりを迎えました。わたしは恥ずかしさのあまり、すぐにその部屋を後にしたのでした。人生、何が起こるか本当に分からないものですよね( ´艸`)安全ピンなど緊急事態に必要な物を持ち歩くこと、そして普段着せていない服は大事な時に着せるべきではないと学んだのでした(;´д`)

寄稿者:真実
神への信仰
神への信仰火曜日, 8月 20th, 2019 at 11:00pm
神様の愛はわたしたちの心に注がれているんですね😊
神への信仰
神への信仰日曜日, 8月 18th, 2019 at 11:00pm
イエス様と長血を患っていた女性との話から学べる教訓について理解を深めてくれる記事です。ぜひ読んでみて下さいね。
神への信仰
神への信仰金曜日, 8月 16th, 2019 at 11:00pm
「主イエス・キリストを信じる信仰を増し加えるならば,より大きな力と希望がもたらされることを約束します。義にかなった皆さんのために,わたしたちの心の癒し主は,主の時に,主の方法で,皆さんの傷をすべて癒してくださるでしょう。」ニール・L・アンダーセン長老
神への信仰
神への信仰木曜日, 8月 15th, 2019 at 11:00pm
ピンチで与えられた聖霊の助け

ある日曜日のことです。オルガニストとして壇上にいたわたしは、焦っていました。その日、若い女性のビーハイブクラスの子たちが教会をお休みしていることに気づいたのです!
若い女性の責任もいただいているわたしは、その日のレッスンを、特にビーハイブの子たちに合わせた内容で準備していました。

話者の方のお話に耳を傾けながら、周りの人には見えないようにこっそりとスマホを取り出して(ごめんなさい、緊急事態だったので許してください!)何か代替案がないか探し始めました。教会ホームページの、青少年のページにあった記事が目に止まりました。「将来に備える」という内容で、十人のおとめとタラントのたとえ話が取り上げられていました。記事全体を目で追い、だいたいの内容を見て「この記事、とてもいいな」と感じ、スマホをしまって話者の方のお話に集中しました。

わたしのユニットの若い女性クラスでは、いつもレッスンの前に誰かが短い証を分かち合います。その日、証をしてくれた若い女性が紹介してくれた聖句に驚きました。先週セミナリーで学んだ十人のおとめとタラントのたとえ話の聖句から、個人の経験を紹介してくれたのです!
その時わたしは、神様が聖霊を通して必要な導きを与えてくださったのだと確信しました。準備もほとんどない状態でしたが、正直に若い女性たちに何があったのかを説明して、青少年のページで見つけた記事からレッスンをしました。

つたないレッスンでしたが、若い女性たちの助けがあったおかげで良い時間になりました。天のお父様はいつもわたしのことを見てくださっていて、必要な助けを与えてくださると知っています。

寄稿者:匿名

Pin It on Pinterest