タグ: 人の価値

なぜ他の人が祝福されているのを見ると、心が傷つくのでしょう

妹が誕生日プレゼントに人気キャラクターの人形をもらったのを見たお姉ちゃんは大奮闘!大好きな妹が喜んで嬉しいはずなのに、自分もそれが欲しくて、怒ってしまったのです。このような心が傷つく経験は子供時代で終わりません。もっと大きい家、出世、他の人が持ってる幸せを比べ、追いかけていませんか?

「謙遜」の皮をかぶった「高慢」

謙遜とはどんな行動でしょうか?謙遜になるためだと思ってしていた行為が、実は自分を守るための高慢である事があります。高慢は時々「謙遜」の皮をかぶってわたしたちに近づいてくるのです。セラピストのDr.ハンクスが謙遜と高慢の認識の仕方について4つのポイントを紹介します。

どうする?子供がモルモン教の戒律に沿わない時

思春期の子供たちはほとんどが自分の信仰について、また教えられている戒律について考え、葛藤します。中には教えを守れない子供もいます。モルモン教では日曜日にふさわしい服装がどのようなものか教えられていますが、皆が皆そのような服装ができるわけではありません。では、大人や指導者たちはどう彼らを助けられるでしょうか。

同性愛と宗教の自由

何百年にもわたって迫害されてきた同性愛者と、信じる宗教のために迫害されてきた人たちは自由を求めているという点で似ています。わたしたちは互いを尊重し、それぞれの信仰や性的嗜好を受け入れるべきなのです。互いの違いばかりに目を向け、敵対心を抱くとサタンの思惑通りになってしまいます。

天使によって救われる

暗闇の中で、14段もある階段の一番上から真っ逆さまに転落した女性。階段の行き着く先は硬いコンクリートの床でした。頭をぶつけて出血し、脳震盪も起こしましたが、奇跡的に命は助かりました。死んでいたかもしれない状況のなか、命が助かったのは、天使と神の助けだと気が付きました。

死後の世界はある

モルモン教では死後の世界、そしてそこでどのようなことが起こるかをしっかり教わっています。ですので、肉体の死を恐れる必要はないと理解しています。死後には霊界で人々が福音を教わる機会が与えられると信じています。そして、最後の裁きがありそれぞれ相応の王国で永遠に住むのです。

同性愛者でいながら、忠実なモルモンでいることは可能である

同性に惹かれる「同性愛者」と呼ばれる人たちはモルモン教の教会の中にもいます。教会は同性愛は神の教えに反することだと教え、信じていますが、同性愛者を締め出すことはありません。わたしたちは福音のもとで兄弟姉妹として互いに助け合い、一致することができます。

肉体と精神:自己イメージに影響を与える宗教的信仰

特に年頃の女性は自身の外見について厳しく評価します。そしてより細くなろうとする傾向にあります。モルモン教を信じる女性も同様です。しかし、モルモン教の信者がより忠実に従おうとすればするほど、摂食障害的な行為が減る、という研究結果が出ているのです。これは、モルモン教の教えが自己イメージを高める傾向にあると言えます。

Loading

Facebook

神への信仰

末日聖徒イエス・キリスト教会の正しい情報やイベント、ブログ、ミームを紹介しています。
神への信仰
神への信仰火曜日, 6月 25th, 2019 at 11:00pm
ある若い宣教師が、昼食を取るために同僚とハンバーガーショップに向かっていた時のことです。ホームレスの女性が道で人々にものごいをしている様子を目にしました。彼らは彼女の横を通り過ぎ、すぐ近くのハンバーガーショップに入りました。自分が注文した食べ物を持ってイスに座った時のことです。さきほど見かけたホームレスの女性が、どうやら宣教師の後を付いて来たようで、大胆にも「その食事をわたしにください」と言ったそうです。周りの人が、一気に自分に注目していることが分かり、その視線がとても気になりました。「はい」と言うしかないように思えました。「宣教師である僕がこの食事をあげなかったら、愛がない宣教師だと思われるに違いない」と。そして、自分の食事を仕方なくその人にあげたのでした。

それを見ていたある人は、自分が食べ物を注文する番になると、その宣教師の食事を買ってお店を去ったそうです。そして宣教師にはお店の人が食事を運んできてくれました。宣教師は思いがけない親切に驚きました。すでにお店を去ってしまったので彼の名前も知ることはありませんでした。その宣教師からすると、仕方なく食事を渡した僕よりも、彼こそが神様に近い人だと感じたそうです。本当に助けが必要な人に出会った時、勇気を出して無欲に奉仕したいものですね。
神への信仰
神への信仰日曜日, 6月 23rd, 2019 at 11:00pm
筆者の不登校になった経緯や今伝えたいメッセージが心に響きます。
神への信仰
神への信仰木曜日, 6月 20th, 2019 at 11:00pm
よく見かける雑草は、気を抜くと四方八方に生え、どんどん大きくなり、家の周りをすさまじい状況にしてくれます。特に、「先週、全部抜いてきれいになっていたのに!」というような、とても残念な気持ちにさせられます。それが雑草です。

わたしにとって雑草は、サタンとサタンの手下です。そこで思い出すのは、サタンはわたしたちを惨めにすることが目的だということです。すきがあると、容赦なく挑んできます。そしてわたしたちが残念がったり、苦しむと喜ぶのです。そう思うと、サタンとサタンの手下に負けてはいけない!と思います。

庭でよくアリを見かけますが、小さなアリたちはとても勇敢です。わたしが雑草抜きをしていると、アリにとっては巨人のわたしによじ登り、かんできます。自分たちの巣を攻撃されたと思い、一族を守ろうとしているのだと思います。わたしはその勇気に感銘を受けます。わたしたちも、アリのような勇気を持つ必要があると思います。人生がうまくいかず、雑草のように容赦なくかかってくるサタンに攻められていると感じたら、勇敢なアリのように立ち上がって雑草を広げないように、また根っこからちゃんと引っこ抜けるように対処する必要があります。

「勝利者となるために、まことに、サタンに打ち勝つために、またサタンの業を支えるサタンの手下どもの手から逃れるために、常に祈りなさい。」教義と聖約 10:5

神様の基本的な教えを日々実践することで、雑草という名のサタンの業が浸透しないように、攻められるすきをなくすよう励んでいきましょう。

寄稿者:真実
神への信仰
神への信仰火曜日, 6月 18th, 2019 at 11:00pm
誠心誠意で主に心を向けるならば,生活を破壊したり,喜びを損なったりする恐れのあるすべてのものから主が救い出してくださることを,主の御名により約束します 。カイル・S・マッケイ長老
#末日聖徒イエスキリスト教会 #モルモン #総大会
神への信仰
神への信仰日曜日, 6月 16th, 2019 at 11:00pm
末日聖徒イエスキリスト教会では音楽を大切にしています。

Pin It on Pinterest