タグ: 家族歴史の探求

ベストセラー著者ブルース・ファイラー「ストーリーを大切に」:癌と家族から学ぶ

わたしが発癌したのはまだ双子の娘が3歳だった頃でした。娘たちと散歩ができなくなったり、学校の話が聞けなくなったり、ボーイフレンドを睨みつける機会がないと思うと、どっと実感が湧いてきて、同時に彼女たちのために家族のストーリーを残さなくてはいけないと思いました。

先祖を調べると不思議と感じる嬉しい気持ち

先祖を調べる時、色々な感情が湧きます。まだ幼かったわたしを気遣って愛を示してくれた祖父母。また、子供を亡くし、辛く、悲しい気持ちの先祖。それを支える家族。先祖を調べる事はただの紙に書いてある名前探しではなく、様々な経験を通し今のわたしへとたどり着いた大きな大きな地図とストーリーを読んでいるよう。

家族歴史探求:先祖を調べる楽しみ 

わたしは祖父母と会ったこともないし、その人となりについて全く知りませんでした。モルモン教に改宗し、家族の大切さを学んだことから、自分の家族歴史探求がはじまりました。まずは戸籍抄本からの情報を頼りに、本籍地に車のGPSを使い、たどり着きました。

わたしって何者?先祖の歴史を調べる:初心者への5つのヒント

日系の血が混ざっているハワイの友人が日本語も話せないのに日本で先祖の歴史を一生懸命調べる様子を見て、感銘を受けた。それと同時に疑問が。わたしはどれだけ自分の先祖のことを知っているのか?今、世界中でテレビ番組でも取り上げられるぐらい関心が高まっている家族歴史探求。初心者へのアドバイスを紹介!

父親は子供の心を先祖に向けさせる

わたしの父親は記録することに重きを置きます。モルモン教の会員で家族や先祖を大切にする教えの実践の一つだと思いますが、仕事などで忙しい時でも、毎日わたしたち4人の子供のためにそれぞれの日記を書いてくれました。また、子供の記録だけではなく、先祖の記録から奇跡的な繋がりも生まれました。

夢から始まった系図探求の旅

夢で大きな地図の横に「滋賀」という字。ご先祖様からのメッセージと分かり、滋賀県に先祖の除籍謄本を求め、兄と共に旅を開始。2人は一日目に訪れたお寺で過去帳から名前とお墓を発見し、謄本をとります。それからの出来事は、奇跡の連続でした。系図探求が神の業だからこその奇跡でした。

わたしの人生を変えた女性: 戦争を乗り越え働いた女性

2015年10月23日 前田美佳子  アラサー(30歳前後の人)のわたしに離婚の危機が訪れた。もう何年も前のことだが、その当時結婚していたわたしは、あるとき家を追い出されて住む所がなくなった。そのまま相手側に押し切られて離婚した。絶望の淵に立たされた私は、ひどく落ち込み生きる希望を失いかけていた。そんなときに私の母が亡き祖母の話をしてくれた。初めて聞く祖母の過去にわたしは驚いた。それと同時に生きる希望をもらった。...

家族歴史の発見を特集する新しいモルモンメッセージ

新しいモルモンメッセージ「わたしが見つけたもの」は若いジョーが自分の家族歴史の発見から戦争中の思い出の品に導いたことを特集しています。 祖父母が亡くなった後、ジョーは祖父がピストルを握っている写真を手に入れました。その銃はジョーの心を奪い、祖父の兵士としての生活の詳細を浮き彫りにしたのです。 ジョーはその銃に隠された物語をまだ知ったわけではありませんが、祖父の人生を紐解く課程で彼は祖父への新たな発見と強い愛を感じるようになりました。...

末日聖徒イエス・キリスト教会がトニー・アボット首相に家族歴史を授与する

写真提供はモルモン・ニュースルームより。 オーストラリアのトニー・アボット首相は、2015年5月22日の金曜日に、末日聖徒イエス・キリスト教会より、額に入った家系図と3つのフォルダーからなる系図の資料を受け取りました。 十二使徒のクウェンティン・L・クック長老と太平洋地域会長のケビン・W・ピアソン長老がアボット首相に贈り物を届けるためにいらっしゃいました。 クック長老は太平洋のモルモン・ニュースルームにこう話しました。...

Loading

Facebook

神への信仰

末日聖徒イエス・キリスト教会の正しい情報やイベント、ブログ、ミームを紹介しています。
神への信仰
神への信仰火曜日, 9月 17th, 2019 at 11:00pm
自分にとって大切なものを優先して幸せを感じられるようになりたいですね😊
神への信仰
神への信仰日曜日, 9月 15th, 2019 at 11:00pm
自分の運転の仕方を見直すとてもいい機会になるので、ぜひ読んでみて下さいね。
神への信仰
神への信仰木曜日, 9月 12th, 2019 at 11:00pm
あなたは植物を枯らしてしまうほうですか?それとも育てるのが得意なほうでしょうか?4年ほど前に胡蝶蘭を我が家に置く用に買ってみました。胡蝶蘭はお祝いの時などに贈られる有名な植物ですよね。買った時は花が咲いていて、見ているとうっとりするほど奇麗です。育て方は水を週一回あげるほどなので、楽に育てることができます。花が咲き終わると、茎を下から数えて2節目のところで切るのが良いと言われているので、そのようにしました。買った当時の花が咲き終わってしまうと、翌年から3年ほどたっても花は咲きませんでした。もうあの可憐な花を見ることはないだろうとあきらめながらも、水はあげ続けていました。

数か月前に胡蝶蘭の置き場所を変えてみることにしました。そしてある日、水をあげている時に、茎の後ろの方から別の茶色の茎が生えていることに気が付きました。びっくりして鉢を持つと、窓のところまで伸びたその茶色い茎が、さらに曲がった状態で伸びているではありませんかΣ(・ω・ノ)ノ!全く気が付かなかったです。3年もの長い時間がたってからまたつぼみを付けて、花を咲かせる準備をしている胡蝶蘭を見ると、「水をあげ続けて良かった。あきらめないことって大切なんだな」と、再び気が付かされたのでした。
ちなみに、7月に紹介したラベンダーも今ではこんなに大きくなりました。継続することの力を感じています。
寄稿者:真実
神への信仰
神への信仰火曜日, 9月 10th, 2019 at 11:00pm
生活の中にもっと愛を感じる機会が増えますように😊 ❤️
神への信仰
神への信仰日曜日, 9月 8th, 2019 at 11:00pm
コミュニケーションや人間関係を改善できるヒントが沢山あります!ぜひ実践して周りの人との関係を強めることができますように。

Pin It on Pinterest