タグ: 愛を持続する

ナチス親衛隊とホロコーストの生存者が恋に落ち教会を見出すまで

アグネスはユダヤ人の先祖のため、ユダヤ人として見なされ、強制収容所に贈られました。グスタフはナチ党がどんなものか知らずに入りました。二人とも戦争時、奇跡的に命を繋いでいきました。自分の真理を大切にし、時には命をかけてでも正しいことを行いました。

最もロマンティックな16の聖句

何百年、何千年と読まれてきた聖典。その中には実際に生きていた人々の愛の物語もたくさん綴られています。ですから、もちろんロマンティックな聖句もあるのです!昔の人々が語った愛の言葉は美しく、現在のわたしたちが読んでも感銘を受けます。今年のホワイトデーはロマンティックに聖句のプレゼントはいかがでしょう?

最後のひとつの望み

自分の人生の最後にひとつのお願いを言うことが許されたら、何を言いますか?考える時に、後悔ばかりが頭をよぎりませんか?デビッド・O・マッケイ大管長は「いかなる成功も家庭の失敗を償うことはできない」と述べました。家族の為に時間を作っているでしょうか?伴侶との関係は対等でしょうか?

幸せな結婚とは大掛かりなものではない

「僕が君を愛してるってどうしてわかるの?」妻の答えにわたしは言葉を失った。わたしは何十万もかかったクルーズだったり、何十時間もかけて作成したプレゼントだったりと考えていたのだが、彼女の答えは「お水を持ってきてくれたから。」幸せな結婚とは小さなことの積み重ねだと妻が気づかせてくれた。

今までで一番高価なプレゼント

「メリークリスマス」と弱々しい声で訪ねてきた友人。「これ、クリスマスプレゼント。。。」と言ってラッピングされてない、ただのビニール袋に入ったものを僕に渡す。中には100均で買ったであろうレシートも。一体何なんだと思ったわたしの思いは、それから後いっぺんにして僕の価値観を変えた。一番高価なプレゼントになったのだ。

愛する人の晩年から学ぶ教訓

死は誰にとっても悲しく苦しいものです。しかし、死についてのモルモン教の教えには希望があります。晩年を力強く生きるテリーが、それを教えてくれました。

赦しの奇跡:妻と子供を失った男性からバレンタインまでのお願い

クリス・ウィリアムスにとって、愛する家族の命を奪った加害者を赦すことは決して容易ではありませんでした。しかし彼はキリストに頼ることで試練を乗り越えます。クリスはみんなに頼みます。バレンタインまでにして欲しいことがあると。それが亡くなった妻や子ども達への最高の贈り物になると。

「ただ赦しなさい」− あるモルモンの男性を襲った悲劇と、赦しの力のお話

家族の半分を失ったクリス・ウィリアムスは、飲酒で事故を起こした17歳の運転手を赦しました。彼の赦しの選択が家族と周りの人々に奇跡をもたらしました。その日、クリスは「一旦停止で長めに止まる」「別の道を行く」「外出するべきではない」などの促しは受けませんでした。ただ、この事件は突然起き、彼の人生を変えたのです。

すべての母親の心

すべての母親は、自分の子供が世界のなかに居場所を見つけることを節に願うものです。しかしながら、その同じ心が、子供が人生の旅を始めるにあたって世界に出て行くのをやるせない気持ちで見つめるものです。...

Loading

Facebook

神への信仰

末日聖徒イエス・キリスト教会の正しい情報やイベント、ブログ、ミームを紹介しています。
神への信仰
神への信仰月曜日, 12月 17th, 2018 at 12:00am
クリスマスの過ごし方アイデア集
神への信仰
神への信仰日曜日, 12月 16th, 2018 at 12:01am
サンタは誰に手紙を書いたでしょう?
神への信仰
神への信仰
神への信仰土曜日, 12月 15th, 2018 at 12:00am
オーナメントの深い意味を思い出してみましょう。
神への信仰
神への信仰金曜日, 12月 14th, 2018 at 12:00am
救い主がお生まれになったことに感謝の気持ちで一杯になります。
神への信仰
神への信仰水曜日, 12月 12th, 2018 at 12:00am
12月の2週目は地域の人に仕える方法について
https://buff.ly/2Qu39vi
#世界に光を
神への信仰
著作権 © 2018 神への信仰. すべての内容は著作権を有します。
このウェブサイトは、末日聖徒イエス・キリスト教会が所有あるいは関連するものではありません。(同教会は、モルモン教会あるいはLDS教会と呼ばれることがあります。)このサイトで表現されている意見や見解は、必ずしも同教会のものではありません。ユーザー個人が表現している意見や見解は、各ユーザーが責任を持ち、必ずしも教会の位置を表すものではありません。キリスト教の公式のウェブサイトでは、LDS.orgまたはMormon.orgをご覧ください。

Pin It on Pinterest