タグ: 愛を持続する

最もロマンティックな16の聖句

何百年、何千年と読まれてきた聖典。その中には実際に生きていた人々の愛の物語もたくさん綴られています。ですから、もちろんロマンティックな聖句もあるのです!昔の人々が語った愛の言葉は美しく、現在のわたしたちが読んでも感銘を受けます。今年のホワイトデーはロマンティックに聖句のプレゼントはいかがでしょう?

最後のひとつの望み

自分の人生の最後にひとつのお願いを言うことが許されたら、何を言いますか?考える時に、後悔ばかりが頭をよぎりませんか?デビッド・O・マッケイ大管長は「いかなる成功も家庭の失敗を償うことはできない」と述べました。家族の為に時間を作っているでしょうか?伴侶との関係は対等でしょうか?

幸せな結婚とは大掛かりなものではない

「僕が君を愛してるってどうしてわかるの?」妻の答えにわたしは言葉を失った。わたしは何十万もかかったクルーズだったり、何十時間もかけて作成したプレゼントだったりと考えていたのだが、彼女の答えは「お水を持ってきてくれたから。」幸せな結婚とは小さなことの積み重ねだと妻が気づかせてくれた。

愛する人の晩年から学ぶ教訓

死は誰にとっても悲しく苦しいものです。しかし、死についてのモルモン教の教えには希望があります。晩年を力強く生きるテリーが、それを教えてくれました。

赦しの奇跡:妻と子供を失った男性からバレンタインまでのお願い

クリス・ウィリアムスにとって、愛する家族の命を奪った加害者を赦すことは決して容易ではありませんでした。しかし彼はキリストに頼ることで試練を乗り越えます。クリスはみんなに頼みます。バレンタインまでにして欲しいことがあると。それが亡くなった妻や子ども達への最高の贈り物になると。

「ただ赦しなさい」− あるモルモンの男性を襲った悲劇と、赦しの力のお話

家族の半分を失ったクリス・ウィリアムスは、飲酒で事故を起こした17歳の運転手を赦しました。彼の赦しの選択が家族と周りの人々に奇跡をもたらしました。その日、クリスは「一旦停止で長めに止まる」「別の道を行く」「外出するべきではない」などの促しは受けませんでした。ただ、この事件は突然起き、彼の人生を変えたのです。

すべての母親の心

すべての母親は、自分の子供が世界のなかに居場所を見つけることを節に願うものです。しかしながら、その同じ心が、子供が人生の旅を始めるにあたって世界に出て行くのをやるせない気持ちで見つめるものです。...

愛する人達にずっと伝えたかった私の改宗のお話し

何不自由なく暮らし、幸せで、宗教の必要性など感じていませんでした。しかし、宣教師と出会い、レッスンを受け始め、ある日バスの中で分かったのです。モルモン教の教えが真実だと。改宗し、人生は変わりました。一度も後悔していません。赤ちゃんを亡くしても、平安があったのです。

Loading

Facebook

神への信仰

末日聖徒イエス・キリスト教会の正しい情報やイベント、ブログ、ミームを紹介しています。
神への信仰
神への信仰土曜日, 2月 22nd, 2020 at 10:01pm
観客が初めて短編アニメ映画「ヘア・ラブ」を見たのは、劇場で映画「アングリー・バード2」を見た時でした。ユーチューブに投稿されると、その人気は上がり続け、1900万回近く視聴されています。そして、この短編アニメ映画はオスカーを受賞しました。
「ヘア・ラブ」は、病気の妻/母親に会いに行くため、父親が幼い娘の髪を彼女が望むようにセットしようと四苦八苦するストーリーです。
ブリガム・ヤング大学卒業生のブライス・ランドルは、短編アニメの編集者ですが、ソニー・ピクチャーズ・アニメーション・フィルムとつながりを感じるのは、アニメ編集者としてだけではありません。父親として、彼も自分の娘の髪をセットするのに苦労しているのでした。
「『ヘア・ラブ』の父親は、母親が入院している間、できる限り最高の父親であろうと努力します。この映画の魅力は、人種や民族に関係なく、多くの父親が『そうそう、分かる!』と共感できるところだと思います」とランドルはDeseret Newsに話しました。
現在、ディズニー・テレビジョン・アニメーションのアニメ編集者として働くランドルは、このプロジェクトは特別なものになるであろうと感じました。
「誇りを感じられるようなプロジェクトはそう多くはありません。『ヘア・ラブ』が伝えたいのは、家族が一番大切だということです。ブリガム・ヤング大学卒業生として、そこに共感します」とランドルはDeseret Newsに話しました。この記事はもともとはLDSliving.comに掲載されていたものです。

https://buff.ly/36cDlHr
神への信仰
神への信仰
神への信仰水曜日, 2月 19th, 2020 at 10:00pm
自分以外の人にもっと目を向けられますように。
神への信仰
神への信仰土曜日, 2月 15th, 2020 at 10:00pm
ある男性はバレンタインデーの日に、毎年花束を妻に贈っていました。そしてカードのメッセージはいつも「あなたへの愛が増します」でした。それが46年間続きました。でも悲しいことに、その男性は他界してしましました。次のバレンタインが近づくと、その女性はその日に何も期待してはいけないと思っていました。ところが、同じ花束とカードが例年のように届いたのです。女性はとても怒り惨めに感じました。花屋に電話して、こんなひどいことをしないでほしいと連絡しました。花屋さんは、「これは間違いではありません。あなたの夫が亡くなる前に、何年分ものバレンタインの花束を注文したんです。毎年あなたがバレンタインの日に確実に花束を受けられるように」と説明しました。電話を切るとその女性は花束に付いていたカードを読みました。そこには「(ティッシュを取って)僕の愛は永遠だよ」と書かれてありました。
このお話は theweek.comからのお話です。いかがでしたか?鳥肌が立つような感動するお話ですよね。この男性は相手をいかに幸せにするかを考えていたことが分かります。本当に素晴らしい模範ですね。そのようなキリストの特質を育んでいきたいですね。

寄稿者:真実
神への信仰
神への信仰金曜日, 2月 14th, 2020 at 10:00pm
「イエス・キリストにもバレンタインを」
神への信仰
神への信仰木曜日, 2月 13th, 2020 at 10:00pm
バレンタインデーをもっと特別な日にするアイデアの紹介です。これ以外におススメのアイデアがあれば、ぜひコメントお願いします😄
https://buff.ly/38phHB0

Pin It on Pinterest