タグ: 愛

永遠の家族:ガンと闘う新婚夫婦

セレストはバイトと学業に勤しんでいました。結婚して6ヶ月、夫のジョージとお互い忙しいながら、楽しい日々を過ごしていました。それが一夜にして変動したのです。セレストの骨にガンを発見。すぐに抗がん剤治療が始まり、二人の新婚生活はいきなりガンと闘う日々へと激変したのです。

内向的な人が教会を楽しめるように助ける7つのアドバイス

わたしは典型的な内向的な人で、注目を浴びること、人前に立つことが嫌いで、人に声を急にかけられたり、訪問されたりするのも緊張します。でもわたしたちの通うモルモン教の教会の文化は伝道をはじめ、内向的特徴とは真逆とも呼べるもの。その文化の中で浮いてしまう内向的な人々にこのように接するとお互いに助けとなります。

悲しいけれど霊を高めてくれる人助けのお話

沖縄に旅行に来ていた台湾人家族。帰る直前、夫の心臓に痛みが走り突然意識を失いました。すぐに救急車で病院へと搬送されます。この知らせを受けた台湾のステーク会長は、すぐに福岡伝道部会長、そして沖縄在住の、よく台湾の神殿にくる姉妹に連絡を取り、彼と彼の家族を助けてくれるように手配しました。沖縄の教会員たちの無私の奉仕、台湾にいる会員たちの祈りと断食、主の御手に遣われる者となったお話です。

どうしたら永遠につづく愛を築けるか

「愛する」という言葉は動詞です。よく「恋に落ちる」などの表現で、自分の思いとは裏腹に感情が走っていくような捉え方をしますが、真実の愛は、選択によって育まれていくのです。ですので、「愛する人と結婚できるように」より「結婚した人を愛せますように」と祈る方が正しいのです。

父親が与える子育てへの偉大な影響

「息子を教えるとき、息子の息子も教えている」というのは本当で、子育てへの正しい父親の影響力は果てしありません。父親は家族が最善の環境で生活できるよう、努力し働いていることでしょう。最高の父親だと感じれないときは、天父とイエス・キリストの模範を学び、自分の生活に当てはめられるようにしましょう。

神さまと良好な関係がありますか?霊的な健康診断の時かもしれません

すべての人間関係と同じように、神さまとの関係も維持する努力を必要とします。この記事では神さまとの関係を見直す4つの質問を通し、あなたの霊的な健康診断をすることができます。また、神さまとの関係をさらに強く改善するヒントも書かれています。自分と神さまの関係を見直してみませんか?

Loading

Facebook

神への信仰

末日聖徒イエス・キリスト教会の正しい情報やイベント、ブログ、ミームを紹介しています。
神への信仰
神への信仰土曜日, 2月 22nd, 2020 at 10:01pm
観客が初めて短編アニメ映画「ヘア・ラブ」を見たのは、劇場で映画「アングリー・バード2」を見た時でした。ユーチューブに投稿されると、その人気は上がり続け、1900万回近く視聴されています。そして、この短編アニメ映画はオスカーを受賞しました。
「ヘア・ラブ」は、病気の妻/母親に会いに行くため、父親が幼い娘の髪を彼女が望むようにセットしようと四苦八苦するストーリーです。
ブリガム・ヤング大学卒業生のブライス・ランドルは、短編アニメの編集者ですが、ソニー・ピクチャーズ・アニメーション・フィルムとつながりを感じるのは、アニメ編集者としてだけではありません。父親として、彼も自分の娘の髪をセットするのに苦労しているのでした。
「『ヘア・ラブ』の父親は、母親が入院している間、できる限り最高の父親であろうと努力します。この映画の魅力は、人種や民族に関係なく、多くの父親が『そうそう、分かる!』と共感できるところだと思います」とランドルはDeseret Newsに話しました。
現在、ディズニー・テレビジョン・アニメーションのアニメ編集者として働くランドルは、このプロジェクトは特別なものになるであろうと感じました。
「誇りを感じられるようなプロジェクトはそう多くはありません。『ヘア・ラブ』が伝えたいのは、家族が一番大切だということです。ブリガム・ヤング大学卒業生として、そこに共感します」とランドルはDeseret Newsに話しました。この記事はもともとはLDSliving.comに掲載されていたものです。

https://buff.ly/36cDlHr
神への信仰
神への信仰
神への信仰水曜日, 2月 19th, 2020 at 10:00pm
自分以外の人にもっと目を向けられますように。
神への信仰
神への信仰土曜日, 2月 15th, 2020 at 10:00pm
ある男性はバレンタインデーの日に、毎年花束を妻に贈っていました。そしてカードのメッセージはいつも「あなたへの愛が増します」でした。それが46年間続きました。でも悲しいことに、その男性は他界してしましました。次のバレンタインが近づくと、その女性はその日に何も期待してはいけないと思っていました。ところが、同じ花束とカードが例年のように届いたのです。女性はとても怒り惨めに感じました。花屋に電話して、こんなひどいことをしないでほしいと連絡しました。花屋さんは、「これは間違いではありません。あなたの夫が亡くなる前に、何年分ものバレンタインの花束を注文したんです。毎年あなたがバレンタインの日に確実に花束を受けられるように」と説明しました。電話を切るとその女性は花束に付いていたカードを読みました。そこには「(ティッシュを取って)僕の愛は永遠だよ」と書かれてありました。
このお話は theweek.comからのお話です。いかがでしたか?鳥肌が立つような感動するお話ですよね。この男性は相手をいかに幸せにするかを考えていたことが分かります。本当に素晴らしい模範ですね。そのようなキリストの特質を育んでいきたいですね。

寄稿者:真実
神への信仰
神への信仰金曜日, 2月 14th, 2020 at 10:00pm
「イエス・キリストにもバレンタインを」
神への信仰
神への信仰木曜日, 2月 13th, 2020 at 10:00pm
バレンタインデーをもっと特別な日にするアイデアの紹介です。これ以外におススメのアイデアがあれば、ぜひコメントお願いします😄
https://buff.ly/38phHB0

Pin It on Pinterest