タグ: 救いの儀式に備える

訪問者大歓迎:日曜日のモルモン教会礼拝入門編

日曜日にモルモン教会礼拝を経験して見たいと思っても、一人だったり、初めてだと不安になりますよね?ここでは、日曜日の詳しい流れや、身だしなみ、献金はするのかなど細かなことを紹介します。モルモン教の教会は信者のためだけにあるのではなく、地域の人たちが一体となり助け合ったり、安心できたりする場所です。

イエス・キリストの福音、その五:最後まで耐え忍ぶ

「最後まで耐え忍ぶ」という言葉を聞く時に受ける印象は、「大変そう」「辛そう」「長そう」など、ネガティブな印象です。しかし、イエス・キリストの福音の一部の「最後まで耐え忍ぶ」は苦しい時も嬉しい時も、イエス・キリストへの信仰を使い、生活をしていくことなのです。苦難の中でも平安を感じる道です。

日本札幌神殿ー日本で3つ目の神殿

2016年夏に一般公開された札幌神殿のオープンハウスには全国から教会員や教会員ではない方も含め、たくさんの方が算入されました。そして、このような反響をいただきました。「感動した」「素晴らしかった」「美しかった」「家族や永遠について考える機会となった」

イエス・キリストの福音、その三:バプテスマ

誰かを不快にさせたり、傷つけたり。または自分が傷ついたり、嫌な思いをしたり。全てをやり直し、正しくする方法、それがバプテスマの儀式で可能になるのです。バプテスマを受けると罪から清められ、主の元へ戻ることができます。また、精霊の賜物が与えられ、守られるのです。

神権の権能の回復

アロン神権が1829年5月15日に回復されましたが、それによって何が変わったのでしょうか?どんな祝福を私たちが再び受ける事が出来るようになってのでしょうか?

主の安息

モルモン教の会員が信仰について話すときに、「主の安息」という表現が用いられることがあります。主の安息ということがアルマ書(モルモン書の中の1つの書)で、アルマが次のように説明しています。...

約束の聖霊

「約束の聖霊」とは聖霊ないしは聖なる御霊の結び固めの力です。この用語は使徒行伝2:33から来ています。 それで、イエスは神の右に上げられ、父から約束の聖霊を受けて、それをわたしたちに注がれたのである。このことは、あなたがたが現に見聞きしているとおりである。...

モルモン教の礼拝とは

モルモン教の礼拝とは?教会の建物の様子や日曜日の流れなど、知っておくと安心する情報です。

トンガの王子,父親の意に反してバプテスマを受けてモルモン教会に入る

トンガの王子,アタはハワイで末日聖徒イエス・キリスト教会の会員になるため、2015年3月にバプテスマを受けました。しかし、それは父親の意に反してのものでした。 2014年11月,アタ王子はバプテスマを決意し,その月の初旬にバプテスマ会の予定を立てました。アタの父であるトゥポウ6世王がそのバプテスマのことを耳にすると,すぐさま軍人たちを送ってバプテスマを阻止しようとしました。...

Loading

Facebook

神への信仰

末日聖徒イエス・キリスト教会の正しい情報やイベント、ブログ、ミームを紹介しています。
神への信仰
神への信仰金曜日, 9月 20th, 2019 at 11:00pm
誠心誠意で主に心を向けるならば,生活を破壊したり,喜びを損なったりする恐れのあるすべてのものから主が救い出してくださることを,主の御名により約束します。 カイル・S・マッケイ長老
神への信仰
神への信仰火曜日, 9月 17th, 2019 at 11:00pm
自分にとって大切なものを優先して幸せを感じられるようになりたいですね😊
神への信仰
神への信仰日曜日, 9月 15th, 2019 at 11:00pm
自分の運転の仕方を見直すとてもいい機会になるので、ぜひ読んでみて下さいね。
神への信仰
神への信仰木曜日, 9月 12th, 2019 at 11:00pm
あなたは植物を枯らしてしまうほうですか?それとも育てるのが得意なほうでしょうか?4年ほど前に胡蝶蘭を我が家に置く用に買ってみました。胡蝶蘭はお祝いの時などに贈られる有名な植物ですよね。買った時は花が咲いていて、見ているとうっとりするほど奇麗です。育て方は水を週一回あげるほどなので、楽に育てることができます。花が咲き終わると、茎を下から数えて2節目のところで切るのが良いと言われているので、そのようにしました。買った当時の花が咲き終わってしまうと、翌年から3年ほどたっても花は咲きませんでした。もうあの可憐な花を見ることはないだろうとあきらめながらも、水はあげ続けていました。

数か月前に胡蝶蘭の置き場所を変えてみることにしました。そしてある日、水をあげている時に、茎の後ろの方から別の茶色の茎が生えていることに気が付きました。びっくりして鉢を持つと、窓のところまで伸びたその茶色い茎が、さらに曲がった状態で伸びているではありませんかΣ(・ω・ノ)ノ!全く気が付かなかったです。3年もの長い時間がたってからまたつぼみを付けて、花を咲かせる準備をしている胡蝶蘭を見ると、「水をあげ続けて良かった。あきらめないことって大切なんだな」と、再び気が付かされたのでした。
ちなみに、7月に紹介したラベンダーも今ではこんなに大きくなりました。継続することの力を感じています。
寄稿者:真実
神への信仰
神への信仰火曜日, 9月 10th, 2019 at 11:00pm
生活の中にもっと愛を感じる機会が増えますように😊 ❤️

Pin It on Pinterest