タグ: 救いの計画

生まれてから死までの神の計画

人は生まれてから死ぬまで様々なことを経験しますが、それは一体何のためでしょうか?もし死んで全てが終わってしまうなら、人生を頑張っても虚しい気持ちがします。モルモン教では生きている時間は「死すべき状態」としての期間と考え、わたしたちの命は永遠に続くと信じています。

前世が知りたい!前世が本当に存在した理由

「前世が知りたい!」それは誰しも一度は思うこと。そもそも前世なんてあるのか?ということも。モルモン教でははっきりと前世の存在を伝え、わたしたちが前世で何をしていたかも聖典を通して知ることができます。前世の意味を知ると、今の人生の意味、また目的が明確になってきます。

モルモニズムにおける喜び:今日という日を大切に

わたしたちは「いつか」という言葉を注意して使うべきです。『いつか彼を許そう』、『いつか教会に行ってみよう』、『いつかクリスチャンになろう』などなど。今日という日を生きていますか?今日、なすべきことをするべきです。過去から学び、将来に備え、今を生きる。それが本当の喜びへの近道なのです。

逆境の後にくるチャンスとは

不幸は、必ずわたし自身や周りの人の益となる学びや祝福に繋がっていると信じています。例えば、母が弱り、アルツハイマーになった姿を見るのは、本当に悲しいことでした。しかし、これによってわたしの子供達は忍耐、愛など数え切れないことを学びました。私たちの逆境に対する対応はどのように子供の目に映っているでしょうか?

変化を遂げるためにすべきこと: 自己改善のための4つの簡単なステップ

変化や自己改善は難しいものですが、不可能ではありません。また、神様も私たちがもっと良い人になるように望んでおられます。神さまが関心があるのは、過去の私ではなく、今、何者であって、これからどんな人物になっていくかです。私たちが努力しようと努める時に必ず導きを与えてくださいます。

宇宙から地球を見ることによりもたらされる霊的な力

2015年に発表された宇宙から撮った地球の写真「新しいブルー・マーブル」が話題となった。その画像は宇宙に実際に行った宇宙飛行士はもちろん、写真を見た人たちの心も震わせた。宇宙飛行士ガーンは地球を宇宙から見ることは霊的な経験であり、人類は皆地球という船の同じ旅人であることを強調した。

「もしも…だったら」の不安を超越した生き方

わたしはとても活発なアスリートでした。中でも大好きだったのは馬に乗りながら逆立ちやダンスをする競技です。落馬し、下半身麻痺になってわたしの人生は変わりました。はじめは「もしも…だったら」と考えることが多かったです。でも「歩かなくても幸せになれる」という気づきがわたしの人生を変えました。

人生のどん底で最高の自分を見つけた方法

わたしの人生は順調でした。大学で勉強もでき、伝道の準備も始めていました。そこから突然、人生のどん底に蹴落とされたようでした。不慮の事故で脳に大きな障害を抱えました。昔の自分はもういなくなっていて、記憶が困難であったり、感情がコントロールできない自分に怒り、孤独を感じました。

命の書とは何か

2つの命の書 モルモン教では2つの命の書を信じています。1つは神の一人一人の息子、娘のための書です。もう一つは、神の子羊であるイエス・キリストによって記録されている書です。(教義と聖約128:7) 一人一人についての命の書は、その人の地上での生活の全記録です。それにはその人のすべての考え、言葉、行為が書かれていて、神が審判の日にお使いになるものです。...

パラダイス

「天国」という概念は、すべての人が漠然と持っているものではないでしょうか。では、モルモン教の信じる「死後の世界」とはどのようなものでしょう。人は亡くなると、霊だけの状態になり「霊界」に行きます。そこで、生きている間の行いに応じて「パラダイス」と「獄」のどちらかに分けられます。

Loading

Facebook

神への信仰

末日聖徒イエス・キリスト教会の正しい情報やイベント、ブログ、ミームを紹介しています。
神への信仰
神への信仰水曜日, 1月 27th, 2021 at 11:28am
1月27日は国際ホロコースト記念日です。第二次世界大戦中に存在していたユダヤ人強制収容所の解放を記念しています。この記事では、ユダヤ人の女性とナチ党員の男性が出会い、愛と神を見出す話を紹介しています。憎しみ、差別偏見が少しでもなくなるには何ができますか?ぜひ参考にしてください。 https://tinyurl.com/y4lkasxh
神への信仰
神への信仰月曜日, 1月 25th, 2021 at 11:11am
辛い試練の中で難しい時もあると思います。是非夫婦または周囲の人と助け合い、強め合い、自分の子供、または身近にいる子供たちに信仰の強さを示すことができますように。
神への信仰
神への信仰月曜日, 1月 25th, 2021 at 1:54am
末日聖徒イエス・キリスト教会の十二使徒は、イエス・キリストの特別な証人です。1月24日はクリストファーソン長老の誕生日でした。十二使徒になる前は七十人会長会として奉仕し、またナッシュビルのテネシー商業連合銀行の常務やいくつかの企業の弁護士として活躍しました。75歳のお誕生日おめでとうございます!
神への信仰
神への信仰土曜日, 1月 23rd, 2021 at 11:30am
皆さんは1日の生活の中で、どのような時にどのようなことについて祈りますか?是非毎日続けてください。そしていい経験があればコメント欄でシェアお待ちしております♪
神への信仰
神への信仰金曜日, 1月 22nd, 2021 at 11:07am
高良長老は2020年9月に札幌伝道部へ赴任しました。彼はカメラが趣味で独学で写真を撮っていました。伝道前にグラフィックデザインを学んでいましたが、映像編集は伝道前はほとんど経験したことがなかったそうです。そんな高良長老が受けた召しは、神様が彼を必要としていて、そして彼自身の成長の機会を与えられたことが分かります。ぜひ、今の宣教師がどのように伝道をしているのかを知って、わたしたちも伝道の業に携わるチャンスを見つけましょう。

✨高良長老の証✨
わたしが札幌伝道部に来たタイミングでちょうどソーシャルメディアリーダーと言う責任が作られました。コロナ禍で人々に直接福音を分かち合えない中、伝道部のfacebookアカウントを使って人々を見つけるためにコンテンツを作成していく責任です。
一転勤目からこの責任に召され、コツコツfacebookページを作ってました。
最初は少人数で行っていたfacebook伝道も、今では伝道部の多くの宣教師がソーシャルメディアに関する何かしらの責任を与えられ、このオンライン伝道がニューノーマルになりつつあります。
現に、国内の伝道部同士で互いに多くのリフェローが飛び交うようになってきています。それにオンラインなので、場合によっては伝道部のエリア外の人を教えることもあります(私も現在神戸にすんでいる方を教えてます)。
今の時期は伝道が難しい、と言われがちですが、視点を変えれば今だからこそできること、今だからこそ気づけたことはたくさんあります。まだ手探りな状態ではありますが、私はこのオンライン伝道の方法が確立したとき、主の御業が一気に進むと確信しています。

もうひとつ、伝道中の経験を分かち合いたいと思います。
一転勤目に、福岡の会員から来たリフェローで19歳の男の子を教えていました。彼とその会員との出会いがとても衝撃的でした。なんと、PUBGというオンラインゲームで仲良くなり、宣教師に紹介するまでに至ったようです!
オンラインゲーム伝道という新たな可能性を見いだしたゲーマーの高良長老でした。
ちなみにその19歳の彼はとても備えられた人で、二十歳の誕生日を迎えた11月末に無事バプテスマを受け、わたしは彼の確認の儀式を執行するという祝福にあずかりました。
今までわたしが聞いてイメージしていた伝道とはまるで違う伝道ですが、それでもこれが主の業であると感じています。

Pin It on Pinterest