タグ: 賛美歌

世界一クリスマスらしい曲は「きよしこの夜」

「きよしこの夜」ほどクリスマスらしい曲はありません。この曲は100以上の言語に翻訳され、今やメロディーを知らない人はほとんどいないでしょう。作曲者モールは貧困と戦争の只中、この賛美歌「きよしこの夜」をかきました。この賛美歌は後に戦争一時休戦にしてしまうほど人々の心に浸透します。

シオンの若者

モルモン教の預言者であったヒンクリー大管長が亡くなった知らせは、若者によって世界中に迅速に知らされました。ヒンクリー大管長は、シオンの若者と呼ばれ歌にもなっているモルモン教の青少年たちを心から愛し、彼らも預言者を愛していました。そんな彼らは預言者の死の知らせを聞き、それぞれに敬意の示し方を考え、実行します。

宣教師の証を音楽で聞く

名古屋伝道部ではモルモンショーという無料のコンサートツアーを定期的に行っている。パフォーマーの大半はアメリカから来ている若い宣教師たち。音楽の才能あふれる彼らが、はちきれんばかりの笑顔と元気でポップス、フォーク、賛美歌など様々なジャンルの音楽で観客を魅了する。

ニューヨーク市大聖堂で「きよしこの夜」の美しい演奏をするザ・ピアノ・ガイズ

ザ・ピアノ・ガイズは、ニューヨーク市の聖ヨハネ大聖堂で、スペシャル・ゲストと協力して「きよしこの夜」の美しい演奏を行いました。 ザ・ピアノ・ガイズは、テノール歌手の巨匠、プラシド・ドミンゴと聖ヨハネ大聖堂スクールの大聖堂スクール・コーラス隊の子供たちとコラボを行い、この有名なクリスマス・ソングの演奏が、人々にこの人生に存在する美徳を思い起こさせることができるよう願いました。 ...

末日聖徒イエス・キリスト教会の賛美歌の起源と偉大な役割

モルモン教の賛美歌の起源と改訂版はどのようないきさつで出版されたのでしょうか?賛美の歌には偉大な役割と目的が’あります。日々、賛美歌や鼓舞される音楽を用いると、家族の絆は育まれ、個人的にも神様に近づくことができ、誘惑に立ち向かう力を得ることができます。

モルモンタバナクル合唱団:歌うための召し

モルモンタバナクル合唱団はモルモン教を代表する団体です。この合唱団はソルトレイク市のタバナクルという建物に根拠地を置きます。組織されたのは、ソルトレイク峡谷に開拓者の馬車が入植してきて間もなくのことです。合唱団が最初に1847年に結成された時は、ほんの数名の人たちだけからなっていましたが、今では360人のモルモン教の会員から構成するまでになりました。 合唱団の歴史...

Loading

Facebook

神への信仰

末日聖徒イエス・キリスト教会の正しい情報やイベント、ブログ、ミームを紹介しています。
神への信仰
神への信仰日曜日, 2月 23rd, 2020 at 10:00pm
結婚生活や人間関係で小さな事の大切さを学べます。
https://buff.ly/2VpZtvR
神への信仰
神への信仰土曜日, 2月 22nd, 2020 at 10:01pm
観客が初めて短編アニメ映画「ヘア・ラブ」を見たのは、劇場で映画「アングリー・バード2」を見た時でした。ユーチューブに投稿されると、その人気は上がり続け、1900万回近く視聴されています。そして、この短編アニメ映画はオスカーを受賞しました。
「ヘア・ラブ」は、病気の妻/母親に会いに行くため、父親が幼い娘の髪を彼女が望むようにセットしようと四苦八苦するストーリーです。
ブリガム・ヤング大学卒業生のブライス・ランドルは、短編アニメの編集者ですが、ソニー・ピクチャーズ・アニメーション・フィルムとつながりを感じるのは、アニメ編集者としてだけではありません。父親として、彼も自分の娘の髪をセットするのに苦労しているのでした。
「『ヘア・ラブ』の父親は、母親が入院している間、できる限り最高の父親であろうと努力します。この映画の魅力は、人種や民族に関係なく、多くの父親が『そうそう、分かる!』と共感できるところだと思います」とランドルはDeseret Newsに話しました。
現在、ディズニー・テレビジョン・アニメーションのアニメ編集者として働くランドルは、このプロジェクトは特別なものになるであろうと感じました。
「誇りを感じられるようなプロジェクトはそう多くはありません。『ヘア・ラブ』が伝えたいのは、家族が一番大切だということです。ブリガム・ヤング大学卒業生として、そこに共感します」とランドルはDeseret Newsに話しました。この記事はもともとはLDSliving.comに掲載されていたものです。

https://buff.ly/36cDlHr
神への信仰
神への信仰
神への信仰水曜日, 2月 19th, 2020 at 10:00pm
自分以外の人にもっと目を向けられますように。
神への信仰
神への信仰土曜日, 2月 15th, 2020 at 10:00pm
ある男性はバレンタインデーの日に、毎年花束を妻に贈っていました。そしてカードのメッセージはいつも「あなたへの愛が増します」でした。それが46年間続きました。でも悲しいことに、その男性は他界してしましました。次のバレンタインが近づくと、その女性はその日に何も期待してはいけないと思っていました。ところが、同じ花束とカードが例年のように届いたのです。女性はとても怒り惨めに感じました。花屋に電話して、こんなひどいことをしないでほしいと連絡しました。花屋さんは、「これは間違いではありません。あなたの夫が亡くなる前に、何年分ものバレンタインの花束を注文したんです。毎年あなたがバレンタインの日に確実に花束を受けられるように」と説明しました。電話を切るとその女性は花束に付いていたカードを読みました。そこには「(ティッシュを取って)僕の愛は永遠だよ」と書かれてありました。
このお話は theweek.comからのお話です。いかがでしたか?鳥肌が立つような感動するお話ですよね。この男性は相手をいかに幸せにするかを考えていたことが分かります。本当に素晴らしい模範ですね。そのようなキリストの特質を育んでいきたいですね。

寄稿者:真実
神への信仰
神への信仰金曜日, 2月 14th, 2020 at 10:00pm
「イエス・キリストにもバレンタインを」

Pin It on Pinterest