タグ: 賛美歌

世界一クリスマスらしい曲は「きよしこの夜」

「きよしこの夜」ほどクリスマスらしい曲はありません。この曲は100以上の言語に翻訳され、今やメロディーを知らない人はほとんどいないでしょう。作曲者モールは貧困と戦争の只中、この賛美歌「きよしこの夜」をかきました。この賛美歌は後に戦争一時休戦にしてしまうほど人々の心に浸透します。

シオンの若者

モルモン教の預言者であったヒンクリー大管長が亡くなった知らせは、若者によって世界中に迅速に知らされました。ヒンクリー大管長は、シオンの若者と呼ばれ歌にもなっているモルモン教の青少年たちを心から愛し、彼らも預言者を愛していました。そんな彼らは預言者の死の知らせを聞き、それぞれに敬意の示し方を考え、実行します。

宣教師の証を音楽で聞く

名古屋伝道部ではモルモンショーという無料のコンサートツアーを定期的に行っている。パフォーマーの大半はアメリカから来ている若い宣教師たち。音楽の才能あふれる彼らが、はちきれんばかりの笑顔と元気でポップス、フォーク、賛美歌など様々なジャンルの音楽で観客を魅了する。

ニューヨーク市大聖堂で「きよしこの夜」の美しい演奏をするザ・ピアノ・ガイズ

ザ・ピアノ・ガイズは、ニューヨーク市の聖ヨハネ大聖堂で、スペシャル・ゲストと協力して「きよしこの夜」の美しい演奏を行いました。 ザ・ピアノ・ガイズは、テノール歌手の巨匠、プラシド・ドミンゴと聖ヨハネ大聖堂スクールの大聖堂スクール・コーラス隊の子供たちとコラボを行い、この有名なクリスマス・ソングの演奏が、人々にこの人生に存在する美徳を思い起こさせることができるよう願いました。 ...

末日聖徒イエス・キリスト教会の賛美歌の起源と偉大な役割

モルモン教の賛美歌の起源と改訂版はどのようないきさつで出版されたのでしょうか?賛美の歌には偉大な役割と目的が’あります。日々、賛美歌や鼓舞される音楽を用いると、家族の絆は育まれ、個人的にも神様に近づくことができ、誘惑に立ち向かう力を得ることができます。

モルモンタバナクル合唱団:歌うための召し

モルモンタバナクル合唱団はモルモン教を代表する団体です。この合唱団はソルトレイク市のタバナクルという建物に根拠地を置きます。組織されたのは、ソルトレイク峡谷に開拓者の馬車が入植してきて間もなくのことです。合唱団が最初に1847年に結成された時は、ほんの数名の人たちだけからなっていましたが、今では360人のモルモン教の会員から構成するまでになりました。 合唱団の歴史...

Loading

Facebook

神への信仰

末日聖徒イエス・キリスト教会の正しい情報やイベント、ブログ、ミームを紹介しています。
神への信仰
神への信仰月曜日, 7月 22nd, 2019 at 11:00pm
神様がいるか考えるときに、遠くにいるように感じますが実はものすごく近くにいるのかもしれません。
Georgyの英語の漫画を元に日本語のものを作ってみました。リンクはこちら
https://buff.ly/2JFuCF3
神への信仰
神への信仰日曜日, 7月 21st, 2019 at 11:00pm
自分軸をしっかり持つことによって、人生がもっと幸せになるかも???
神への信仰
神への信仰土曜日, 7月 20th, 2019 at 11:00pm
「しかし,わたしたちは次のことを覚えておかなければなりません。遅すぎることは決してありません。そして,時間と範囲に制限のないイエス・キリストの無限の贖罪が届かないほど道から遠くさまよっている人は,だれもいません。 」W・クリストファー・ワデルビショップ
神への信仰
神への信仰水曜日, 7月 17th, 2019 at 6:33pm
足跡という詩をご存知ですか?全文はこちらから読めます。
http://hel4y.hatenablog.jp/entry/2015/01/13/073000
神への信仰
神への信仰
神への信仰日曜日, 7月 14th, 2019 at 11:00pm
神様の存在を感じる機会があることは素晴らしいことですね!

Pin It on Pinterest