福井 敏敬

 

これらの掲載を読んでいただき、シェアして頂いてる方々に心から感謝しています。何人かの末日聖徒イエス・キリスト教会の会員の方から「モルモン教」と使われていますが、少し違和感があります、と言うご意見をいただきました。教会の公式見解と私たち、モアグッド財団の目的について書き、なぜ私たちが「モルモン教」という言葉を使うのかについて理解いただければと思います。

 

教会の方針

英語版の教会のニュースサイト、mormonnewsroom.orgには教会の名前についての記事が掲載されています。そこには、以下のように書かれています(英語のサイトをご覧になりたい場合は、ここをクリックしてください)。

 

教会の公式な名称は末日聖徒イエス・キリスト教会です。この名前は、1838年に神様からジョセフ・スミスに啓示を通して与えられました。

長い間「モルモン教」という名前は公の場で教会のニックネームと知られていますが、これは承認された名前ではなく、教会ではそれを使わないようにと会員に伝えています。

教会について書くとき、以下のガイドラインに従って下さい:

 

  • 基本的に、教会の正式名称である「末日聖徒イエス・キリスト教会」を使うのが最も好ましいです。
  • 「モルモン教会」、「LDS教会」、「末日聖徒教会」と言った名前を使うのは避けてください。
  • もし教会の正式な名前ではなく他の方法で書きたい場合には、「教会」や「イエス・キリスト教会」としてください。
  • 教会員について伝える時、「モルモン」と読んでも構いませんが「末日聖徒」と呼ぶ方がより適切です。
  • 「モルモン」と言う言葉は、モルモン書、モルモンタバナクル聖歌隊、モルモントレールなどの正式な名称や「モルモン開拓者」のような形容詞として使うことができます。
  • 「モルモニズム」という言葉は、末日聖徒イエス・キリスト教会の独特の教義、文化、ライフスタイルについて話すときに用いることができます。
  • 一夫多妻制を行っている人々や組織に対し、「モルモン」、「モルモン原理主義」、「モルモン反体制派」などと呼ぶことは間違っています。アソシエイトプレスの中で、「モルモンという言葉はジョセフ・スミスの死後に別れた教会に対して使う適切な言葉ではありません。」と書かれています。

 

モアグッド財団の方針

では、私たちモアグッド財団(More Good Foundation)はどのような組織で、何をしている組織なのかを公式サイトから引用します。

モアグッド財団は非営利団体であり、モルモンの人たちが信仰をインターネットで分かち合える助けをする組織です。それによって、教会について興味がある人にもっと学んでいただけます。この団体は、ジェットブルーの創業をしたデビッド・ニールマンとBYUマリオットスクールの副学長であるジェームス・エンゲーブラッドソンによって2005年に作られました。目的は、教会について良く、正しい情報をインターネット上に載せる必要があったためです。この会社は少数の雇用者と多くのボランティアによって運営されています。

モアグッド財団は300以上のウェブサイトを使い、他の宗教や会派の人に教会についてもっと学んでいただき、また個々の教会員が自分たちの信仰を分かち合えるようにしてあります。また、興味のある教会員に信仰をソーシャルメディア等で分かち合うトレーニングやサポートをしています。
私たちはこの目的を達成するために、知識をしぼり、正しい教会についての情報をオンラインでもっと見られるようにしています。人々が間違った情報に目を奪われないようにしたいのです。もし「モルモン教」と言う言葉を用いることなくそれができるのであれば、それが最善の方法でしょう。しかしながら、「モルモン教」という言葉が教会の公式名称である末日聖徒イエス・キリスト教会という言葉よりも知られている中で、「モルモン教」という言葉を使うこと(このサイトの名前になっていること)が今現在最善であると私たちは判断し、使用しています。実際に毎月グーグルで検索される言葉の数を確認すると、モルモンが1000件、モルモン教は14,800件、モルモン教とはは1,300件、末日聖徒は480件、末日聖徒イエス・キリスト教会は5,400件となっています。慣れるまで違和感があるかもしれませんが、ご理解をお願いします。