カテゴリー: 現代の預言者

ヒンクレー大管長 イスラム教、テロリズム、恐怖、死に直面しても平安を見出す方法について語る

近年起きているテロはイスラム教とキリスト教の争いだと勘違いする声がありますが、これは宗教同士の戦いではありません。少なくともモルモン教で信仰している神様は平和の神で、愛の神です。わたしたちはイスラム教の隣人を愛する必要があります。同時にイスラム教とは別の組織であるテロ組織を壊滅する必要があります。

シオンの若者

モルモン教の預言者であったヒンクリー大管長が亡くなった知らせは、若者によって世界中に迅速に知らされました。ヒンクリー大管長は、シオンの若者と呼ばれ歌にもなっているモルモン教の青少年たちを心から愛し、彼らも預言者を愛していました。そんな彼らは預言者の死の知らせを聞き、それぞれに敬意の示し方を考え、実行します。

総大会で霊的に成長するのを助ける方法

モルモン教の会員が心待ちにしている年に2回の総大会。10月の総大会が差ししまっています。教会の指導者たちからメッセージを次々に聴いていくのですが、その影響力はあなた次第で人生を変える素晴らしい提案になるのです。それを実践する時に自己の向上を図り、家族や周りの人との関係も強めることができるでしょう。

真実を知る方法

「あなたがたのうちに、知恵に不足しているものがあれば、その人は、…神に願い求めるがよい。」(ヤコブ書1章5節)本当にこの方法で答えが得られればいいと思いませんか?神様が直接、真実を教えてくれたら。それが実際に14歳のジョセフ・スミスという少年に起こり、わたしたちも同じ方法で真実を知れるのです。

モルモン教の総大会から預言者について学ぶ

昔の聖書の預言者の言葉をいいなと思う方は特に必見です!モルモン教では今も同様に預言者がいて、現代のわたしたちに必要な事を分かりやすく話してくれると信じているからです。預言者からの最新のメッセージとは何でしょうか?また預言者にはどのような役割があるのでしょうか?

預言者が総大会で語られたこととは?

53年間総大会でお話をされてきたモルモン教の預言者、トーマス・S・モンソン大管長。そのテーマは多岐にわたっていますが、どのお話も私たちを鼓舞し、霊感を与えてくれるものばかりです。新たなリマインダーは「私たちが、何者であるかを忘れず」「キリストを選ぶこと」と、簡潔に話されました。

総大会ー天からのインスピレーション(子どもも一緒に!)

よくカウンセリングやセラピーでもHigher Power (人より偉大な存在)を知り、そこから生活の中で力を借りるということが話され、実践されます。これには、多少なりともトレーニングみたいなものが必要とされます。(よく使われるのが、12 steps ですね。) でも、今日は「聴くだけ」で、今の自分に何が必要か分かる方法を紹介したいと思います。 総大会...

Loading

Facebook

神への信仰

末日聖徒イエス・キリスト教会の正しい情報やイベント、ブログ、ミームを紹介しています。
神への信仰
神への信仰水曜日, 12月 12th, 2018 at 12:00am
12月の2週目は地域の人に仕える方法について
https://buff.ly/2Qu39vi
#世界に光を
神への信仰
神への信仰
神への信仰月曜日, 12月 10th, 2018 at 12:00am
クリストファーソン姉妹が語るクリスマスに奉仕した時の素晴らしい経験
神への信仰
神への信仰日曜日, 12月 9th, 2018 at 12:00am
これからはモルモンと呼ばないで欲しい理由について

「教会の正しい名称」の話を読む
https://buff.ly/2rqtB9W
神への信仰
神への信仰
神への信仰金曜日, 12月 7th, 2018 at 12:00am
12月の1週目は世界中の助けを必要としている人に仕える方法について着目しましょう。

動画提供元:末日聖徒イエス・キリスト教会

https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=0rI5HHMI-uE

#世界に光を
神への信仰
神への信仰
神への信仰水曜日, 12月 5th, 2018 at 12:00am
みなさんの周りの人々にどんな贈り物を準備できるか考えてみませんか。
詳しく読む
https://buff.ly/2PYO04x
著作権 © 2018 神への信仰. すべての内容は著作権を有します。
このウェブサイトは、末日聖徒イエス・キリスト教会が所有あるいは関連するものではありません。(同教会は、モルモン教会あるいはLDS教会と呼ばれることがあります。)このサイトで表現されている意見や見解は、必ずしも同教会のものではありません。ユーザー個人が表現している意見や見解は、各ユーザーが責任を持ち、必ずしも教会の位置を表すものではありません。キリスト教の公式のウェブサイトでは、LDS.orgまたはMormon.orgをご覧ください。

Pin It on Pinterest