タグ: 活躍する青少年たち

エルヴィス・プレスリー:早朝セミナリー訪問とモルモン書の所持

エルヴィス・プレスリーは生前何度もモルモン書をプレゼントされていることが明らかになった。エルヴィスはモルモン書を読み、元妻などにも「読むべき」と勧めるメモも残している。早朝セミナリーにも訪れ、青少年たちが朝早くからイエス・キリストについて集まって学んでいる姿に感銘を受けていた。

10歳の末日聖徒の女子ジムナスト全米賞を受賞

末日聖徒イエス・キリスト教会の会員であるランディン・ヴァンダートゥーレンはユタ州では初めてのジムナスト全米賞を10歳という若さで受賞した。彼女が体操をやりだしたのは5歳。オリンピックをテレビで見たのがきっかけだったという。その後、家族で何回も話し合い、みんなで支えあって来た。

モルモンだけではなく、全ての若人の強さのために

モルモン教が出版している青少年(12−17歳の男女)の冊子「若人のために」が会員であるない関わらずに、たくさんの誘惑や危険のある現在の世の中でとても良いガイドラインになると言われています。ここには男女がデートをする時に気をつけた方がいいこと、避けることや、服装などについても具体的な例を取り上げた勧めがあります。

成長するモルモンティーンとエクセレンスプログラム

キャンベル愛美さんが、東京都武蔵野ステーク福生ワードの若い女性にインタビューをしました。このインタビューから若い女性のプログラムである「成長する私」とエクセレンスプログラムが、彼女たちにどのような影響を与えているか、又彼女たちがどのような希を抱いているかを理解できます。

シオンの若者

モルモン教の預言者であったヒンクリー大管長が亡くなった知らせは、若者によって世界中に迅速に知らされました。ヒンクリー大管長は、シオンの若者と呼ばれ歌にもなっているモルモン教の青少年たちを心から愛し、彼らも預言者を愛していました。そんな彼らは預言者の死の知らせを聞き、それぞれに敬意の示し方を考え、実行します。

末日聖徒イエス・キリスト教会の青少年ー世の光となり、ある教師の人生を変える

わたしの人生の変化は「世の光」でいるために励む高校生から始まりました。彼女を知るようになって、彼女から出る輝き、模範、選びに驚かされました。良い生徒だと思っていた全ての生徒がモルモン教の青少年達と知った時は騙されているような気分になりました。だから、彼らがなぜそんなに素晴らしいのか秘密を知りたかったのです。

Loading

Facebook

神への信仰

末日聖徒イエス・キリスト教会の正しい情報やイベント、ブログ、ミームを紹介しています。
神への信仰
神への信仰火曜日, 10月 15th, 2019 at 11:00pm
総大会で学んだことを実践することによって生活の中でもっと祝福を感じられますように。
神への信仰
神への信仰月曜日, 10月 14th, 2019 at 11:00pm
総大会ってどういう意味なのかを分かりやすく説明しています。
神への信仰
神への信仰土曜日, 10月 12th, 2019 at 11:00pm
こちらが、第二弾(悔い改め)のビデオです!
https://bit.ly/2MCPWLR

Maria Eckersleyさんのアイデアを、ご本人の了承を得て私たちなりにアレンジして紹介させていただきいました。
https://bit.ly/2Mjupc8
これが彼女のビデオリンクです
家庭の夕べや宣教師のレッスンにぜひ使ってみてくださいね。
このビデオのシェアやチャンネルの登録も、ぜひお願いします!
神への信仰
神への信仰
神への信仰金曜日, 10月 11th, 2019 at 11:00pm
今週も神への信仰のYoutubeチャンネルから、福音の原則についての新しい動画シリーズの第二弾(悔い改め)が投稿されます。あるものを使ってどのように原則を教えるのかとても気になりますね!すぐに動画を視聴したい方は、ぜひ私たちのチャンネルからチェックしてみて下さいね。チャンネルの登録も、ぜひお願いします!https://bit.ly/2Mg8OB8
神への信仰
神への信仰
神への信仰水曜日, 10月 9th, 2019 at 11:00pm
とてもよい経験をしたのでシェアさせてください。
最近、とても大きなアサイメントをもらいました。突然だったので準備も足りず、最初は断ろうかと思いました。でも、そのアサイメントがわたしに与えられたのは単なる思いつきではなく、主の計らいだと感じたので、不安は残りつつも引き受けることにしました。
とは言っても、やはり大変なアサイメントであることに変わりありませんでした。わたしは神様に祈って助けを求めることにしました。
わたしは、本当に自分にできるかどうか不安を感じていること、でも、わたしがするように神様が望まれているのであれば、全力を尽くすので足りないところを補ってくださるように祈りました。
そう祈った時、ある言葉が頭に響きました。
「あなたなら、できます。」
そう感じた時、これはわたしにとって必要なアサイメントなんだと確信しました。そして同時に、自分のできる限りを尽くせば神様が助けてくださると確信でき、とても平安な気持ちに満たされました。
わたしはどうにかアサイメントをやりきることができました。完璧にやり遂げた、とは言えませんが、完璧にできたかどうかよりも重要なことは、確かに神様が助けてくださたっということです。
この経験を通して、どんなアサイメントにもいつでも応えられるように備えていること、そして、神様は恐れず挑戦するわたしを常に支えてくださるという証が強められました。

Pin It on Pinterest