タグ: 活躍する青少年たち

エルヴィス・プレスリー:早朝セミナリー訪問とモルモン書の所持

エルヴィス・プレスリーは生前何度もモルモン書をプレゼントされていることが明らかになった。エルヴィスはモルモン書を読み、元妻などにも「読むべき」と勧めるメモも残している。早朝セミナリーにも訪れ、青少年たちが朝早くからイエス・キリストについて集まって学んでいる姿に感銘を受けていた。

10歳の末日聖徒の女子ジムナスト全米賞を受賞

末日聖徒イエス・キリスト教会の会員であるランディン・ヴァンダートゥーレンはユタ州では初めてのジムナスト全米賞を10歳という若さで受賞した。彼女が体操をやりだしたのは5歳。オリンピックをテレビで見たのがきっかけだったという。その後、家族で何回も話し合い、みんなで支えあって来た。

モルモンだけではなく、全ての若人の強さのために

モルモン教が出版している青少年(12−17歳の男女)の冊子「若人のために」が会員であるない関わらずに、たくさんの誘惑や危険のある現在の世の中でとても良いガイドラインになると言われています。ここには男女がデートをする時に気をつけた方がいいこと、避けることや、服装などについても具体的な例を取り上げた勧めがあります。

成長するモルモンティーンとエクセレンスプログラム

キャンベル愛美さんが、東京都武蔵野ステーク福生ワードの若い女性にインタビューをしました。このインタビューから若い女性のプログラムである「成長する私」とエクセレンスプログラムが、彼女たちにどのような影響を与えているか、又彼女たちがどのような希を抱いているかを理解できます。

シオンの若者

モルモン教の預言者であったヒンクリー大管長が亡くなった知らせは、若者によって世界中に迅速に知らされました。ヒンクリー大管長は、シオンの若者と呼ばれ歌にもなっているモルモン教の青少年たちを心から愛し、彼らも預言者を愛していました。そんな彼らは預言者の死の知らせを聞き、それぞれに敬意の示し方を考え、実行します。

末日聖徒イエス・キリスト教会の青少年ー世の光となり、ある教師の人生を変える

わたしの人生の変化は「世の光」でいるために励む高校生から始まりました。彼女を知るようになって、彼女から出る輝き、模範、選びに驚かされました。良い生徒だと思っていた全ての生徒がモルモン教の青少年達と知った時は騙されているような気分になりました。だから、彼らがなぜそんなに素晴らしいのか秘密を知りたかったのです。

末日聖徒の両親「刑務所で伝道する」息子を支え、愛する

末日聖徒(モルモン教)のクラウチ夫婦は子供ができないとわかり、養子縁組を希望します。コリー(16歳)が家族になり、彼は1年でバプテスマを受けますが、その後、薬物の使用で刑務所に入ります。母の絶えることのない愛と支えにより、コリーは素晴らしい宣教師となっていきます。

Loading

Facebook

神への信仰

末日聖徒イエス・キリスト教会の正しい情報やイベント、ブログ、ミームを紹介しています。
神への信仰
神への信仰火曜日, 6月 25th, 2019 at 11:00pm
ある若い宣教師が、昼食を取るために同僚とハンバーガーショップに向かっていた時のことです。ホームレスの女性が道で人々にものごいをしている様子を目にしました。彼らは彼女の横を通り過ぎ、すぐ近くのハンバーガーショップに入りました。自分が注文した食べ物を持ってイスに座った時のことです。さきほど見かけたホームレスの女性が、どうやら宣教師の後を付いて来たようで、大胆にも「その食事をわたしにください」と言ったそうです。周りの人が、一気に自分に注目していることが分かり、その視線がとても気になりました。「はい」と言うしかないように思えました。「宣教師である僕がこの食事をあげなかったら、愛がない宣教師だと思われるに違いない」と。そして、自分の食事を仕方なくその人にあげたのでした。

それを見ていたある人は、自分が食べ物を注文する番になると、その宣教師の食事を買ってお店を去ったそうです。そして宣教師にはお店の人が食事を運んできてくれました。宣教師は思いがけない親切に驚きました。すでにお店を去ってしまったので彼の名前も知ることはありませんでした。その宣教師からすると、仕方なく食事を渡した僕よりも、彼こそが神様に近い人だと感じたそうです。本当に助けが必要な人に出会った時、勇気を出して無欲に奉仕したいものですね。
神への信仰
神への信仰日曜日, 6月 23rd, 2019 at 11:00pm
筆者の不登校になった経緯や今伝えたいメッセージが心に響きます。
神への信仰
神への信仰木曜日, 6月 20th, 2019 at 11:00pm
よく見かける雑草は、気を抜くと四方八方に生え、どんどん大きくなり、家の周りをすさまじい状況にしてくれます。特に、「先週、全部抜いてきれいになっていたのに!」というような、とても残念な気持ちにさせられます。それが雑草です。

わたしにとって雑草は、サタンとサタンの手下です。そこで思い出すのは、サタンはわたしたちを惨めにすることが目的だということです。すきがあると、容赦なく挑んできます。そしてわたしたちが残念がったり、苦しむと喜ぶのです。そう思うと、サタンとサタンの手下に負けてはいけない!と思います。

庭でよくアリを見かけますが、小さなアリたちはとても勇敢です。わたしが雑草抜きをしていると、アリにとっては巨人のわたしによじ登り、かんできます。自分たちの巣を攻撃されたと思い、一族を守ろうとしているのだと思います。わたしはその勇気に感銘を受けます。わたしたちも、アリのような勇気を持つ必要があると思います。人生がうまくいかず、雑草のように容赦なくかかってくるサタンに攻められていると感じたら、勇敢なアリのように立ち上がって雑草を広げないように、また根っこからちゃんと引っこ抜けるように対処する必要があります。

「勝利者となるために、まことに、サタンに打ち勝つために、またサタンの業を支えるサタンの手下どもの手から逃れるために、常に祈りなさい。」教義と聖約 10:5

神様の基本的な教えを日々実践することで、雑草という名のサタンの業が浸透しないように、攻められるすきをなくすよう励んでいきましょう。

寄稿者:真実
神への信仰
神への信仰火曜日, 6月 18th, 2019 at 11:00pm
誠心誠意で主に心を向けるならば,生活を破壊したり,喜びを損なったりする恐れのあるすべてのものから主が救い出してくださることを,主の御名により約束します 。カイル・S・マッケイ長老
#末日聖徒イエスキリスト教会 #モルモン #総大会
神への信仰
神への信仰日曜日, 6月 16th, 2019 at 11:00pm
末日聖徒イエスキリスト教会では音楽を大切にしています。

Pin It on Pinterest