カテゴリー: 聖典

モルモン教はカルト集団だと思っていたバプテスト派の牧師「モルモン書を受け入れ、信じている」と話す

モルモン教はカルト集団だと言われ育ってきたバプテスト教会の牧師リン・ライデンアワーは、今では、モルモン書をイエス・キリストについての書物であると同時に、人々が忘れている神様との約束、聖約について思い出させ、人々が聖約によって変わっていくことができることを話した。

最もロマンティックな16の聖句

何百年、何千年と読まれてきた聖典。その中には実際に生きていた人々の愛の物語もたくさん綴られています。ですから、もちろんロマンティックな聖句もあるのです!昔の人々が語った愛の言葉は美しく、現在のわたしたちが読んでも感銘を受けます。今年のホワイトデーはロマンティックに聖句のプレゼントはいかがでしょう?

神はモルモン書が真実で偽造ではないことをどのように明らかにしてくださるでしょうか?

「啓示に関する一つの長い啓示」と言われるモルモン書には、最後の著者からこれを読むわたしたちへの約束が書かれています。その約束にはどうやったら個人で祈りの答えや真実が分かるかが記されています。神は全ての人にその方法を試すように望んでおられます。神があなたに求められていることをモルモン書を通して学んでみませんか?

末日聖徒:クリスマスにおけるモルモン書の意味とその証人

モルモン書はクリスマスの時期に読むのにふさわしい書物です。聖書のようにモルモン書はイエスの誕生や使命、マリヤのことなどが昔から予言されていたことが記されています。モルモン書が真実であるという2人の証人の証がこの記事では紹介されています。聖書もモルモン書もクリスマスの喜びの知らせをもたらします。

主の声を認識する

日本人は昔から、神社やお寺に行って、神頼みはするかもしれませんが、その神からの声を聞こう、神がわたしに何を求めているか知ろうとしたことはありますか?主イエス・キリストは私たちの祈りを聞き、それに答えています。主の声を認識することは、私たちの重要な人生な選びにおいて大きな導き、光となります。

聖書に誤りはあるか

ある人々は聖書には誤りが全くないと考えている人々がいます。モルモン教では聖書からは編集、翻訳、複製の際に大切な部分が失われたり、誤りが入ったと信じています。それでも、モルモン教は聖書を勉強し、尊んでいます。モルモン教の他の聖文は皆聖書を支持し、真理をさらに明らかにし、補足するものであると信じています。

モルモン教の信条における戦争③

戦争,モルモン書,そして教義と聖約 モルモン教の戦争の政治的な現実についてのコメントは、防御の戦争を正当化することによって主に規定されます。それらはモルモン書や現代の啓示で与えられています。中心的な主張はモロナイ(ニーファイ人の司令官,紀元前72−56年)、預言者モルモン(ニーファイ人の軍の最後の司令官,326−385年),それから1833年にミズーリ州で迫害が山積みされていた時期に教会に与えられた指示(教義と聖約98章参照)の中に見い出せます。...

Loading

Facebook

神への信仰

末日聖徒イエス・キリスト教会の正しい情報やイベント、ブログ、ミームを紹介しています。
神への信仰
神への信仰金曜日, 3月 22nd, 2019 at 11:00pm
今週の私に従ってきなさいではたくさんのたとえ話がでてきますが、私たちが目と耳と心で受け入れることができますように。
神への信仰
神への信仰木曜日, 3月 21st, 2019 at 11:00pm
英語で生まれた月と名前のイニシャルを選ぶとモルモン書にでてきそうな自分の名前が分かりますよ!ぜひやってみてくださいね😃
神への信仰
神への信仰火曜日, 3月 19th, 2019 at 11:00pm
私たちを選んでくださったことを思い出して生活したいですね。
神への信仰
神への信仰日曜日, 3月 17th, 2019 at 11:00am
信仰深いLGBTQの末日聖徒イエス・キリスト教会の会員が、あなたに知って欲しいことーミュージックビデオ「知っていること」 様々な言語で字幕がご利用できます。音楽はこちらから:https://youtu.be/HUyUYZ1LkHw
神への信仰
神への信仰
神への信仰土曜日, 3月 16th, 2019 at 11:00pm
何十年も、教会にも福音にも興味を示さなかった家族が教会員になると決意した理由とは??
著作権 © 2019 神への信仰. すべての内容は著作権を有します。
このウェブサイトは、末日聖徒イエス・キリスト教会が所有あるいは関連するものではありません。(同教会は、モルモン教会あるいはLDS教会と呼ばれることがあります。)このサイトで表現されている意見や見解は、必ずしも同教会のものではありません。ユーザー個人が表現している意見や見解は、各ユーザーが責任を持ち、必ずしも教会の位置を表すものではありません。キリスト教の公式のウェブサイトでは、LDS.orgまたはMormon.orgをご覧ください。

Pin It on Pinterest