カテゴリー: ミニスタリング・奉仕

地域に根ざしたボランティア活動

「世の中を少しでも良くするために、何かを得るだけでなく、与えるようにしてください。」という教会指導者の勧告に従って、西舘さんは「与える人」になる努力を日々行なっています。その中心の活動が地域に根ざしたボランティア活動。高齢者のお世話や移住希望者へのサービスなど幅広く地域の人の支えとなっています。

ホームレス支援の奉仕

幼い頃から社会貢献したいという願望がありました。モルモン教に改宗し、献金をしたり、貧困地域の子供達の支援のために毎月5000円払ったり。でも、実感があまり湧きませんでした。そんな時、誘われたホームレス支援。ホームレスさんに近づきたくない、怖いと思ったらどうしようという不安が混じる中、意を決して始めてみると…

ホームレス支援:自分の住んでいる地域の助けが必要なホームレスの方々への対応

ホームレスの現状は各地域によって様々なものですが、全く関係がないという人はいないのではないでしょうか?この深刻な問題にモルモン教は長年、祈りを持って支援に携わってきました。今月、教会のリーダーたちはさらにこのホームレス支援が円滑に行われるように新たにソルトレイクのデゼレトインダストリーを売却することにしました。

クリスマス―我が家の伝統

皆さんは12月に行われる家族の伝統がありますか?私の家族はクリスマスにアドベントカレンダーを使って、誰かに奉仕をします。子供たちは贈物を届ける際にピンポンダッシュをするのが好きなようです。もう一つは新しい絵本を購入することです。そこで、今回は私のお勧めの本を紹介します。

愛する人の晩年から学ぶ教訓

死は誰にとっても悲しく苦しいものです。しかし、死についてのモルモン教の教えには希望があります。晩年を力強く生きるテリーが、それを教えてくれました。

使徒としても福祉活動に尽力するスティーブンソン長老

この記事はチャーチニュース、サラ・ジェーン・ウェーバーによって書かれました。下記は抜粋となります。 2011年の夏、宮城県東松島の、かつてはにぎやかな沿岸地帯を歩きながら、モルモン教の十二使徒のスティーブンソン長老は大量のがれきの山の中からコップ、ポット、毛布などの物一つ一つを見ていました。 がれきのかけらはどれもかつては人里離れた風景を見下ろした家とそこに住む人々の名残であり、それぞれには物語がありました。それは荒廃と復興の物語でした。...

Loading

Facebook

神への信仰

末日聖徒イエス・キリスト教会の正しい情報やイベント、ブログ、ミームを紹介しています。
神への信仰
神への信仰水曜日, 12月 12th, 2018 at 12:00am
12月の2週目は地域の人に仕える方法について
https://buff.ly/2Qu39vi
#世界に光を
神への信仰
神への信仰
神への信仰月曜日, 12月 10th, 2018 at 12:00am
クリストファーソン姉妹が語るクリスマスに奉仕した時の素晴らしい経験
神への信仰
神への信仰日曜日, 12月 9th, 2018 at 12:00am
これからはモルモンと呼ばないで欲しい理由について

「教会の正しい名称」の話を読む
https://buff.ly/2rqtB9W
神への信仰
神への信仰
神への信仰金曜日, 12月 7th, 2018 at 12:00am
12月の1週目は世界中の助けを必要としている人に仕える方法について着目しましょう。

動画提供元:末日聖徒イエス・キリスト教会

https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=0rI5HHMI-uE

#世界に光を
神への信仰
神への信仰
神への信仰水曜日, 12月 5th, 2018 at 12:00am
みなさんの周りの人々にどんな贈り物を準備できるか考えてみませんか。
詳しく読む
https://buff.ly/2PYO04x
著作権 © 2018 神への信仰. すべての内容は著作権を有します。
このウェブサイトは、末日聖徒イエス・キリスト教会が所有あるいは関連するものではありません。(同教会は、モルモン教会あるいはLDS教会と呼ばれることがあります。)このサイトで表現されている意見や見解は、必ずしも同教会のものではありません。ユーザー個人が表現している意見や見解は、各ユーザーが責任を持ち、必ずしも教会の位置を表すものではありません。キリスト教の公式のウェブサイトでは、LDS.orgまたはMormon.orgをご覧ください。

Pin It on Pinterest